ホワイトデー、世の男性陣の毎年の悩みの一つは
バレンタインデーのお返しをどうするのか?と言うところかもしれません。
 
いつの間にかバレンタインデーでチョコを貰った人がせっせとお返しをする日?
と言う感じになった気がします。

義理チョコしかもらえなかった男性でも、
義理お返しをするべきか悩んでいる人は多いと思うので、
返す場合は何を渡すのがベストなのか?を紹介して行く事にしましょう。

スポンサーリンク
  

チョコを貰ったので同じ様にチョコを返す

チョコ=チョコで何物にも化けないお返しをする人が多いですね。

実はバレンタインの時期に輸入した外国産チョコが結構余ってしまう様で、
それをまたホワイトデーに生かそう?と言う
スーパーやデパートも年々増えてきている気がします。
 

と言うか、それを目的として多めに輸入しているんじゃないか?とすら思うので、
チョコにはチョコで対応しても全く問題無い気がするのです。

なので、何を返したらいいのか分からない時は、
義理チョコの義理チョコ返しを実行してみると良いでしょう。
 

スポンサーリンク

 

クッキーを贈る

昔は、女子にバレンタインデーで告白された男子は、
その返事をする時に渡すお菓子で気持ちを伝えると言う風習があります。
 

例えばキャンディなら、口の中で長くとどまると言う事で、
女性からの告白にOKしたと言う返事になるのです。
 

逆に断る時は、口に入れたら短時間で消えてしまうマシュマロを渡す事で、
特に言葉に伝えなくても断る事が出来た時代もありましたね。
 

付き合う付き合わないはともかく、
職場や学校でも普通に友達で居ましょうと言う場合に贈ると効果的だったのがクッキーで、
その由来は人間関係をサクっと円滑に~と言った感じの意味合いからそうなった様なので、
クッキーを贈るのも良いかも知れません

 

要求されたモノを贈る

最近は、義理チョコ詐欺?なる事をする人がいて、
普段は本命どころか義理すらもらえない様な人をカモにしてバレンタインデーに義理チョコをばらまくのですが、ホワイトデーに自分の欲しいバッグや服などを要求してくるのです。
 

そんな、何か物が欲しいだけで男性の心を踏みにじる様な事をする人を許してはいけないと思うのですが、それでもチョコを貰ったことに恩義を感じてなのか要求されたものを買って渡してしまう男性がることも事実だったりしますね。
 

こんな感じの要求を義理チョコを配布されたときではなく後になってされた場合は、
前もってホワイトデーに品物を買ってこない事をあらかじめ伝えておくのがお勧めです
 

要求されたものが特にお財布に響かない程度の金額の商品なら、
まだその通りに買ってきて渡すのも良いですが、

明らかに高額な商品を買わせようとする目論見を知ってしまった場合は、
早めに断りを入れた方が良さそうです。

 

お世話になった人にだけ贈る

お返しは、女性から必死な告白を聞いた場合のみ!と決めている人もまだまだ健在で、
むやみやたらにお返し欲しさにバレンタインデーに義理チョコを配布しまくっていた女性の思い通りにならない様にする男性も多いです。
 

ただ、そういう男性は義理と人情には厚い人も多いので、
義理チョコを配布した人の中に色々お世話になっている人がいた場合は、
その人には丁寧なお返しをするべきだと思います

 

上司や同僚、または先生などにお返しをする場合は、
貰った義理チョコよりも高級なチョコやお菓子を渡すのがお勧めです。

 

結局、バレンタインデーとは?ホワイトデーの存在意義は?と考えた時、
お世話になった人や感謝を伝えたい人に何かを贈る日だと言う言葉が出た人は、
おのずと自然にお返しを贈れると思います。

まとめ

如何でしたでしょうか?

ホワイトデーのお返しは義務じゃないので
したくなかったらしなくても良いのですが、
職場などの人間関係を潤滑にしたい場合はなるべくお返しをした方が良さそうです

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
こちらも参考にしてください。
ホワイトデーのお返しに最適!「ケーブルバイト」で女性を笑顔に
夫が会社でもらってきた義理チョコのホワイトデーのお返しは?
 
 

スポンサーリンク
おすすめの記事