新幹線のきっぷって通常運賃で買うと結構な値段ですよね。
家族で旅行や帰省に利用すると、結構な出費になってしまいます。

新幹線も早割・特割といった割引サービスがあり通常運賃よりずっとお得に予約できます。
こちらでは新幹線の早割・特割についてご紹介します。
 

スポンサーリンク
  
 

新幹線の割引予約

利用したことのない方も多いかもしれませんが、
新幹線にも早期割引予約のサービスがあります。

名称はそれぞれ異なりますが、
大きく分けると東海道・山陽新幹線の「EX(エクスプレス)予約のEX早得」や
山陽・九州・北陸新幹線とJR西日本・JR九州エリアの特急列車の「e5489の早得きっぷ」、
JR東日本・JR北海道エリアの新幹線の「えきねっとのお先にトクだ値」といった名称で販売されています。

早割・特割の特徴

きっぷの名称はそれぞれ異なりますが、
共通して言えるのは、予約する時期が早ければ早いほど割引率が高くなり、お得に新幹線に乗れるという点です。

ただし

新幹線の全区間でこうした早期予約割引サービスが設定されているわけではないので、
目的地と日付が決まったら、
その区間で早期予約割引サービスがあるか確認しましょう

そしてきっぷの種類によっては、キャンセルができない、繁忙時期は利用できない、
日付変更ができない、インターネット上からしか予約できない、
といった条件がある場合もあるので注意が必要です。

 

では主だった早期予約割引サービス((早割)で、どれくらい安く新幹線に乗れるのか詳しく見ていきましょう。

 

東海道・山陽新幹線の「EX(エクスプレス)早得」

EX(エクスプレス)予約は、東海道・山陽新幹線の会員制予約サービスです。
サービスの一環として、「EX早得」という早期予約割引があります。

まずは簡単に主な早得きっぷの特徴を表で確認しましょう。

「EX早得21」は21日前までの予約が必要ですが、
旅行や帰省など事前から予定が決まっている場合には、
EX予約の中で早朝・日中の「のぞみ」を最もお得に利用できる方法です。

21日前の予約だと予定が変わったときが心配ですが、予約変更も無料なので安心です。
 

「たまにはグリーン車で快適に過ごしたい」という方には、
3日前までの予約で利用できる
EXグリーン早得」「EXこだまグリーン早得」がおすすめです。
ほぼ同区間の指定席通常運賃と同じ金額でグリーン車に乗れるお得なきっぷです

 

「EXのぞみファミリー早得」「EXこだまファミリー早得」は
2名以上の予約から利用できる土日休日用のきっぷで、子供用の設定もあるので家族旅行におすすめです。
「ファミリー」とありますが、
2名以上なら家族でなくても問題ないので、友人と出かけるのにも利用できます。
 

「EX予約」の早得きっぷは、
予約後に予定が変わっても他の商品等に手数料無料で変更可能なのもうれしいポイントです。

EX予約サイトで予約・支払いが完了したら、
当日はチケットレスでいつもの交通系ICカードでタッチするだけで改札を通過することができるので、
休日祝日など混雑するときでもスムーズに新幹線に乗ることができます。
EX予約のきっぷ商品購入には、EX予約への入会(年会費1,080円)が必要になります。

 
EX予約の入会方法について詳しくはコチラをご覧ください。
 

スポンサーリンク

 

山陽・九州・北陸新幹線の「e5489の早得きっぷ」

「e5489」は

新大阪~鹿児島中央の山陽・九州新幹線と
金沢~東京の北陸新幹線、
JR西日本・JR四国・JR九州エリアの特急列車のきっぷを販売しているJR西日本のネット予約サービスです。

 

e5489では予約時期に応じて豊富な割引きっぷ商品が販売されています。
主だったものを表で確認しましょう。
期間限定のきっぷ商品が多いですが、
ここでご紹介するのは2018年1月15日現在の情報です。

スーパー早得21」は21日前までに予約するのが条件ですが、
通常運賃で22,210円かかる新大阪~鹿児島中央の「のぞみ」「みずほ」が13,000円になる非常に割引率の高いきっぷ商品です。
JR発足30周年記念の期間限定発売なため、九州へお出かけの予定のある方はお見逃しなく。

また割引額はそれほど大きくはありませんが「WEB早得3」なら新大阪~鹿児島中央のきっぷを19,000円で購入可能です。
e5489のきっぷ商品は割引額が大きい分、予約変更ができないものが多いですが、
WEB早得3に関しては予約変更が可能なので、
頻繁に出張や帰省で九州~新大阪間を行き来される方はぜひお得に活用しましょう。
 

e5489 でのチケット予約には、

EX予約のように年会費のかかるクレジットカードを作成する必要がないのもうれしいポイントです。
利用するには、まず無料のJ-WESTネット会員登録が必要になります。
それからe5489の専用サイトにログインしてインターネット上で予約したら、
お手持ちのどのクレジットカードでも決済が可能です。

またクレジットカードを持っていない場合でも、駅やコンビニ、金融機関で支払いが可能です。
当日、JR西日本・JR九州の主な駅のみどりの券売機かみどりの窓口できっぷを受け取りましょう。

最新のe5489の早得きっぷ情報はコチラから
https://www.jr-odekake.net/goyoyaku/e5489/ticket/search/
 

JR東日本・JR北海道エリアの新幹線の「お先にトクだ値」

JR東日本・JR北海道エリアの新幹線の早期割引きっぷの「お先にトクだ値」は
JR東日本のサイトである「えきねっと」だけで限定販売されている割引きっぷです。

えきねっとの登録には、手持ちのクレジットカードの登録が必要ですが、
会員登録は無料でできるので、お得なきっぷ商品を購入するためにも入会しておきましょう。

入会はコチラから(https://www.eki-net.com/top/?src=head_logo_cate_member

お先にトクだ値を利用できる対象列車や割引率があらかじめ決まっています。
どれくらい割引になるのか表で確認しましょう。

表でご紹介しているのは、代表的な区間のみですが、
旅行や帰省の目的地に合わせて降車地も自由に選択可能です。

どの区間も「お先にトクだ値」のきっぷ商品の場合、
13日前までに予約する必要がありますが、

割引率は高く、例えば東京~新青森間なら通常運賃17,350円のところ、
13,010円と、4,340円もお得に新幹線に乗れます。
 

「お先にトクだ値」のきっぷ商品には、時期に応じて閑散期・通常期・繁忙期と3段階の運賃が設定されています(表は通常期)。
ただし差額は100円前後なので、行楽シーズンにもお得に新幹線が利用できます。
 

早めに予約して、後から予定が変更になったり、キャンセルになったりした場合も「お先にトクだ値」なら、
日付の変更や払い戻しにも対応してくれるので安心です。

 

インターネット上で予約・支払いが完了したら、
あとは当日JR東日本・JR北海道・JR西日本北陸エリアの駅の発券機やみどりの窓口で乗車前にきっぷを受け取るだけです。

 

また、

えきねっと独自のサービスとして、「駅レンタカー」の割引特典もあります。
えきねっとで指定券(お先にトクだ値も含む)・自由席券・乗車券を申し込めば、
駅レンタカーの基本料金から15~20%が割引されます。

 
旅行に新幹線で出かけて、現地でレンタカーがお得に利用できたら、
ドライブしながら観光地を巡ったり、ご当地グルメを楽しんだりと、旅行の楽しみ方も広がります。
 

 

KiPuRu
 

まとめ

「新幹線を少しでも安く・お得に利用したい!」という方には、
早期割引サービスがおすすめです。

利用したい区間によってきっぷ商品の名称は異なりますが、
早めに予約することで通常運賃よりもお得に新幹線が利用できます。

今度の帰省や旅行は、早めに日付を決めて新幹線でお得に出かけるはいかがでしょうか?
割引で浮いたお金でちょっとリッチに楽しめるはずです。

今度のお出かけの計画をたてるのに今回の記事をお役立て下さい。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
 
 

スポンサーリンク
おすすめの記事