夏バテは誰にでも起こり得るものなので、この季節は注意が必要です。
何となくだるい!スッキリしない!頭がぼんやりする!などのことはありませんか?
ひょっとすると、汗といっしょに大切なミネラル成分も流れているからかもしれません。

今回は、汗と一緒に失われるミネラル成分と夏バテに最も有効な栄養素、その栄養素を含む食品等についてご説明します。
ぜひ参考にしていただき、暑い夏を乗り切ってください。
 

スポンサーリンク

 

汗と一緒に失われるミネラル成分

汗と一緒に失われるミネラル成分には
ナトリウム・カリウム・カルシウム・マグネシウム・鉄分・亜鉛などがあります。

これらのミネラル分が不足すると下記のような症状が現れることがあります。

ミネラル成分症   状
 ナトリウム 筋肉のけいれん・嘔吐・下痢
 カリウム 血圧の上昇
 カルシウム 骨粗しょう症
 マグネシウム 骨粗しょう症・糖尿病・心疾患
 鉄  分 貧血・疲れやすくなる
 亜  鉛 味覚障害・免疫力の低下

夏バテの症状

夏バテには、食欲不振や睡眠障害など様々な症状があります。
その中でも、代表的なものとして疲労感があり、これは鉄分が不足していることが考えられます。

鉄分は、マグネシウムや亜鉛といったミネラル成分の一つです。

この蒸し暑い時期には、たくさんの汗をかくと思います。
汗には水分や塩分だけじゃなく、ミネラル分も含まれており汗によってミネラルが不足してしまうのです。

夏バテを予防するには、ミネラル成分の中の「鉄分」が非常に大切です。
では、その大切な「鉄分」についてご紹介します。

鉄分不足は何を引き起こす?

では、鉄分が不足するとどうなるのでしょうか。

まず、鉄分は血液を構成する成分で赤血球を作成するために欠かせない栄養素です。

赤血球には、口から取り入れた酸素を臓器や筋肉など体全身へ運ぶ働きがあります。
鉄分が不足すると赤血球の機能が低下するので、酸素が足りなくなります。

その結果、体がだるくなったり、ぼんやりしたりと疲労感を感じやすくなるのです。

また、体の免疫力も低下するので肌トラブルや風邪の原因にもなります。
 

スポンサーリンク

 

鉄分を多く含む食べ物

普段の食事からしっかりと鉄分を摂取したいです。

鉄には「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」の2種類あります。

ヘム鉄は、肉や魚など動物性食品に多く含まれており、体内への吸収率が高いのが特徴です。
一方、非ヘム鉄は乳製品など主に植物性食品に含まれています。

2つとも同じ鉄分ですが、体内への吸収を考えると吸収率の高いヘム鉄を積極的に摂取したいです。

ヘム鉄を含む食べ物

  • カツオ
  • イワシ
  • 煮干し
  • レバー
  • マグロ
  • あさり
  • しじみ
非ヘム鉄を含む食べ物

  • 小松菜
  • 湯揚げ
  • 卵黄
  • ひじき
  • ほうれん草

などがあります。

ヘム鉄の含まれる食物を意識し、普段から食べるようにしましょう。

また、たんぱく質やビタミンB1の含まれた食物も併せて積極的に摂るようにしましょう。

ポイント
タンパク質は体内に蓄積することは出来ず、食物で摂取する必要があります。
また、ビタミンB1は糖質の分解に必要な成分で、不足するととう糖質がエネルギーに変えられず、身体も脳も疲れやすくなります。

最後に

夏バテにならないためにも、普段から鉄分やビタミンB1などバランスの取れた食生活を心がけましょう。
食欲が落ち、どうしても食事からの摂取が難しい時には、サプリメントなども積極的に活用するようにしましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。
他の夏バテに関する記事はコチラから

スポンサーリンク
おすすめの記事