春になると紫外線が多く降り注ぐようになることから、日焼け対策を行う人が多くなりますよね。
紫外線対策が叫ばれるようになりますが、その中で紫外線アレルギーの存在を知っている人は少ないのではないでしょうか。

その名の通り、紫外線によってアレルギー反応を起こしてしまう紫外線アレルギーは、何が原因で起こるのでしょうか?

今回は、紫外線アレルギーの原因と症状に加えて改善方法も一緒にご紹介いたします。
 

スポンサードリンク

 

紫外線アレルギーとは

紫外線アレルギーは光線過敏症とも呼ばれていて、通常は紫外線を浴びても日焼けする程度なのですが、紫外線アレルギーの人は皮膚に異常な症状が生じてしまいます。

外出すると必ず皮膚に異常な症状が現れて長年苦しんでいる人は、ひょっとしたら紫外線アレルギーかもしれません。
それでは、紫外線アレルギーの原因と症状をご紹介いたします。
 

紫外線アレルギーの原因

風邪や細菌感染などに多くの原因があるように、紫外線アレルギーにも多くの原因が存在しています。

幼い子供の場合は、

主に親からの遺伝が原因と言われています。
1カ月健診が終わって日光浴や散歩を始めた頃に、僅かな外出でも酷く日焼けしてしまうなどで気付くことが多いようです。

この場合、色素性乾皮症や骨髄性プロトポルフィリン症などの病気が関係している場合があります。

 

大人の場合は、

子供の時と違って薬や衣類の素材などが原因で起こることが多い傾向にあります。
肌に合わない化粧品などを使用し続けて肌荒れしている時や、汗疹などで肌が荒れている時、
衣類の素材が肌に合わずに肌荒れしている時などの肌が過敏になっている時に、
紫外線アレルギーを発症してしまうことがあります。

これら以外の原因では、代謝の異常や膠原病(こうげんびょう)などが原因で紫外線アレルギーが引き起こされていることがあるので、「紫外線アレルギーかな?」と思ったら、早めに病院を受診して検査するようにしましょう。
 

紫外線アレルギーの症状

紫外線アレルギーは、食物アレルギーや花粉症と同じく、アレルゲンに触れることでアレルギー症状を引き起こします。
紫外線アレルギーの場合は、紫外線がアレルゲンとなるため、外出時や屋内に居る場合でも窓の近くに居た場合などに症状が現れます。

症状の多くは、紫外線に弱い目の痒み肌の湿疹です。
紫外線に直接触れる顔や首・手が赤くなり、蕁麻疹のような湿疹がみられることがあります。

また、直接紫外線に触れていない部位でも、紫外線が衣類を通過している場合や、症状が酷い場合は広範囲にアレルギー症状が見られることがあります。
 

また、食物アレルギーや花粉症などと同じく、
アレルギー症状として頭痛や吐き気・くしゃみなどの症状が現れることがあります。
紫外線に当たった直後から症状が見られ、1時間程度で落ち着くことがありますが個人差があります

 
 

スポンサードリンク

 

紫外線アレルギーの改善方法

紫外線アレルギーは花粉症などのアレルギーと同じく体質であるため、何か特別なことをして症状が治癒・改善されることはありません。

しかし、症状を緩和させることが可能ですので、「紫外線アレルギーかもしれない」と感じている人は、今からご紹介する改善方法を試してみてくださいね!
 

食べ物を見直す

現代人は栄養不足に陥りやすいので、日々の食生活に気を使う必要があります。

特にビタミンやミネラルの不足は、紫外線に対する皮膚の抵抗力を身に付ける上で必要な栄養素となります。
野菜果物などを食事に取り入れ、飲み物はミネラルを豊富に含む麦茶を飲むようにしましょう。

また、

きゅうりセロリに含まれる「ソラレン」という成分は、紫外線に過敏に反応してしまい、皮膚にダメージを与えてしまう光毒性がある食べ物です。
紫外線を浴びることが多い朝や昼の摂取は避け、夜にこれらの食材を摂取するようにしましょう。

 

マスクやメガネで紫外線を遮断する

顔に紫外線アレルギーの症状が現れてしまう人や、目に症状が現れる人は、UVカット加工がされたマスクやメガネがおすすめです。
内側が黒色の日傘を使用することで、アスファルトにはねかえった紫外線も防ぐことができます
 

免疫力を上げる

アレルゲンに対抗するためには、免疫力を上げることが重要です。
免疫力の7割は腸で作られるため、腸内環境を整えるようにしましょう

また生活習慣を見直し、夜更かしを避けるようにしましょう。

6~8時間はぐっすりと眠れるように、就寝前のカフェインやアルコールの摂取は控えます。

ストレスを感じることが多い場合は、休日の度に自分の時間を確保するようにし、ストレスを発散するようにしましょう。
 

まとめ

紫外線アレルギーは膠原病などの病気が原因となっている場合もありますが、
生活習慣の乱れや肌トラブルなどが原因で引き起こされていることもあります。

まずは、今回ご紹介した改善方法を試して様子を見てみましょう。

それでも症状が落ち着かない場合は何らかの病気が原因している可能性があるので、
皮膚科や内科などを受診して詳しく検査するようにしましょう。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
こちらも参考にしてください。
日焼け止め【まとめ】
 
 

スポンサードリンク
おすすめの記事