ドラッグストアなどで所狭しと並ぶ日焼け止めは、各メーカーから様々な種類が販売されているので、どれを購入したら良いのか悩みますよね。
最近では「ケミカル」と「ノンケミカル」の日焼け止めを使い分けることが推奨されるようになりましたが、そもそもケミカルとノンケミカルの違いとは何なのでしょうか。

今回は、ケミカルとノンケミカルの違いとメリット・デメリットに加えて、それぞれの日焼け止めの使い方をご紹介いたします!
 

スポンサーリンク
  
 

ケミカルとノンケミカルの違い

日焼け止めには、「ケミカル」と「ノンケミカル」の2種類があるのをご存じでしょうか。

自分の肌質や好みによって、ケミカルの日焼け止めかノンケミカルの日焼け止めを選ぶことができるので、本格的な紫外線シーズンの前にこれら2種類の日焼け止めの違いを把握しておきましょう。
 

ケミカルの日焼け止めとは

ケミカル(chemical)という言葉には、「科学的な」という意味があります。
ケミカルの日焼け止めには、「紫外線吸収剤」という成分が含まれており、この成分は紫外線を吸収して化学反応を起こすことで、紫外線が肌へ当たることを防ぐ効果が期待できる薬剤です。
 

ノンケミカルの日焼け止めとは

ノンケミカルの日焼け止めは、ケミカルの日焼け止めが紫外線吸収剤を使用しているのに対して、「紫外線散乱剤」を使用しているのが特徴です。

紫外線散乱剤の原料は、ケミカルの日焼け止めに使用されている紫外線吸収剤と違って自然由来の原料が多いため、肌への負担が少ない傾向にあります。
 

ケミカルとノンケミカルの日焼け止めのメリット・デメリット

日焼け止めには「紫外線吸収剤」を使用しているケミカルの日焼け止めと、「紫外線散乱剤」を使用しているノンケミカルの日焼け止めがあることが分かりました。

ケミカルの日焼け止めは科学的な成分を含むため肌への負担が大きいのが気になる人が多く、「日焼け止めを選ぶならノンケミカルの方が良い!」と思っている人が多いですよね。

しかし、ケミカルの日焼け止めとノンケミカルの日焼け止めには、それぞれメリットとデメリットがあります
 

スポンサーリンク

 

ケミカルの日焼け止めのメリット・デメリット

前述したように、ケミカルの日焼け止めは科学的な成分を含むため肌への負担がデメリットとなります。

ケミカルの日焼け止めには、確かに科学的な成分である紫外線吸収剤が含まれていますが、この紫外線吸収剤はどの製品にも配合しやすく、日焼け止めを塗った時に白浮きせず肌馴染みが良いのが特徴です。
そのため、

日焼け止めを塗るだけで化粧下地としての役割ができる以外に、塗った時に肌の乾燥がそこまで気にならないというメリットがあります。

 

ノンケミカルの日焼け止めのメリット・デメリット

ノンケミカルの日焼け止めに含まれる紫外線散乱剤は自然由来の原料であるため、敏感肌の人や小さな子供の肌でも負担を少なくすることができるのがメリットです。

ノンケミカルの日焼け止めのデメリットは、紫外線散乱剤を使用しているからこその白浮きや日焼け止め特有のニオイが挙げられます。

また、

日焼け止めを塗った時に気になる肌の乾燥は、紫外線散乱剤の成分による皮脂や水分を吸収してしまう効果が原因です。

 

日焼け止めはそもそも肌への負担が大きい

ケミカルやノンケミカルに問わず、日焼け止めそのものが肌への負担が大きいという特徴があります。
いくら日焼け止めに含まれている成分が肌への負担が比較的マシな自然由来の成分だったとしても、肌の乾燥を招いてしまうデメリットがあるため「どちらがオススメ!」とは断言することができません

日焼け止めにはシーンごとに適切な「SPF・PA」が存在します。

SPF・PAが高ければ高いほど日焼け止め効果が高いですが、その分肌への負担が大きくなってしまうので、使用するシーンごとにSPF・PAを変えるようにするなどの工夫が必要です

 

ケミカルとノンケミカルの使い方の違い

ケミカルとノンケミカルの日焼け止めには、それぞれメリットとデメリットがあることが分かりました。

知れば知るほど全く違うケミカルとノンケミカルの日焼け止めですが、その使い方も違うことをご存じでしょうか?それでは、一緒にケミカルとノンケミカルの日焼け止めの使い方を見て行きましょう。
 

ケミカルの日焼け止めの使い方

肌馴染みが良く、白浮きしにくいケミカルの日焼け止めは、肌への負担がノンケミカルと比べて大きいですが、日焼け止めを塗る前に特別なことをしなくて良いので手軽に使用することができます。
しかし肌への負担が大きいので、SPF・PAはシーンや塗る体の部位ごとに使い分けるようにしましょう。
汗をよくかいた後やマリンスポーツの後は日焼け止めを塗り直すようにし、それ以外でも2~3時間ごとに塗り直すことで日焼け止め効果を継続させることができます。

 

ノンケミカルの日焼け止めの使い方

ノンケミカルの日焼け止めは自然由来の成分である紫外線散乱剤を使用しているため、肌への負担がケミカルの日焼け止めと比べて優しいのが特徴です。

しかし、白浮きしやすく肌が乾燥しやすいデメリットがあるため、ノンケミカルの日焼け止めを塗る前にしっかりと肌を保湿してあげることが大切です。

また、白浮きが気になる場合は、リキッドファンデーションや乳液に混ぜて使用することで、肌馴染みを良くすることができます。

自然由来の成分は汗や水で流れやすいため、小まめに塗りなおす必要があります。

汗を大量にかくアウトドアや、海水などで日焼け止めが落ちることが予想されるマリンスポーツの際には不向きのため、帽子やサングラスなどの紫外線防止グッツを併せて使用するようにしましょう。

まとめ

日焼け止めには、肌への負担が大きいが肌馴染みが良いケミカルの日焼け止めと、肌への負担が少ないが白浮きしやすく肌が乾燥しやすいノンケミカルの日焼け止めの2種類があります。

どちらにもメリットとデメリットがあるので、自分の肌質や使用シーンで使い分けるようにすることで、日焼け止めによる肌への負担を比較的少なくすることができます。

「今年はケミカルとノンケミカルの日焼け止めのどちらを使おうかな?」と悩まれたら、今回ご紹介したことを参考にしてみてくださいね!

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
こちらも参考にしてください。
日焼け止め【まとめ】
 
 

スポンサーリンク
おすすめの記事