夏の終わりや秋の初めに買い足した日焼け止めは、シーズン中に使い切れずに余ってしまいますよね。
また、買い置きしておいた未開封の日焼け止めをシーズン中に使わなかったという人も多いのではないでしょうか。

このような余った日焼け止めは、1年後に再び使用しても問題なく紫外線を防いでくれるのでしょうか。

今回は、日焼け止めの使用期限についてご紹介いたします。
 

スポンサードリンク
  
 

去年の日焼け止めを使用しても大丈夫?

日焼け止めは食品ではないため、長期保管と使用ができるように感じます。
しかし実際には、日焼け止めの使用期限はいつまでを想定して製造されているのでしょうか。

去年使用した日焼け止めを綺麗に使いきることができず、今年もまた使おうと思っている人も多いと思いますが、去年の日焼け止めを今年も使用して大丈夫なのでしょうか。

日焼け止めはワンシーズン使い切りを想定して製造されている

多くのメーカーが、日焼け止めを製造する時にワンシーズンでの使い切りを想定して製造しています。

そのため、できればワンシーズンで使い切るのが理想ですが、夏の終わりや秋の初めに追加購入した日焼け止めは余ってしまいますよね。
このような1年前の日焼け止めは、今年も続けて使用しても問題ないのでしょうか。
 

昨年の日焼け止めは今年も使える?

日焼け止めには、敏感肌などの人を対象に製造された無添加の日焼け止めと、防腐剤などが配合されている普通の日焼け止めがあります。

どのメーカーもワンシーズンでの使い切りを想定して製造していますが、

普通の日焼け止めには雑菌の繁殖を抑えるために防腐剤が添加物として配合されているため、高温多湿・直射日光を避けて保管していたのであれば、1年前の日焼け止めを使用しても問題ありません。

しかし、無添加の日焼け止めには防腐剤が配合されていないため、雑菌の繁殖が心配されます。

折角肌のことを考えて無添加の日焼け止めを選んだのですから、無添加の日焼け止めは1年後に再び使用するのは避けたほうが良いでしょう
 

スポンサードリンク

 

日焼け止めの使用期限はいつまで?タイプ別に紹介

日焼け止めはワンシーズン使い切りを想定して製造されているため、できればシーズン中に使い切るのが理想です。

しかし余って1年後に再び使用する場合や、買い置きしておいた未開封の日焼け止めをしばらく経ってから使用する場合に気になるのが、日焼け止めの使用期限ですよね。

日焼け止めにはクリームタイプやジェルタイプなど様々なタイプがあります。
それでは、それぞれのタイプ別に日焼け止めの使用期限を見て行きましょう。
 

乳液・ジェルタイプの日焼け止めの使用期限

昔からある乳液やジェルタイプの日焼け止めは、どのメーカーも未開封のものは3年開封済みは1年以内が使用期限として設定されています。

スプレータイプの日焼け止め

化粧をした上からも使用できるスプレータイプ(エアゾールタイプ)の日焼け止めは、高温多湿・直射日光を避けて使用していれば、未開封や開封を問わずに製造から3年間は使用することができます。
 

無添加の日焼け止め

先ほどご紹介した防腐剤などを含まない無添加の日焼け止めは、雑菌の繁殖を防ぐ防腐剤・殺菌剤を含まないので、通常の日焼け止めより使用期限は短く設定されています。
未開封で1年以内開封後は半年以内に使い切るようにしましょう。
 

こんな日焼け止めは使うのをやめよう

日焼け止めの使用期限とは、日焼け止めに含まれている防腐剤などの添加物の有効期限のことです。

雑菌の繁殖を防ぐ防腐剤などの有効期限が切れれば、日焼け止めも化粧品も劣化してしまいます

日焼け止めを付けた時に変なニオイがしたり、分離している時は肌トラブルの原因になる可能性があるので、使用しないほうが良いでしょう
 

まとめ

日焼け止めの製造技術は年々向上しています。

肌への負担や日焼け止めの効果を考えるなら、余った日焼け止めを使用せずに新しく買い直すのも一つの方法です。
または、敏感な顔への使用は避けて、腕や首などの体に使用するようにすると安心ですね。

「去年余った日焼け止めを今年も使って大丈夫なの?」と悩んでいたら、今回ご紹介したことを参考にしてみてくださいね!

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
こちらも参考にしてください。
日焼け止め【まとめ】
 
 

スポンサードリンク
おすすめの記事