健康のため、美容のために、腹筋を鍛えたい方は多いと思いますが、同時に、どのように鍛えればいいのかと悩む方も多いのではないでしょうか?
そこで、腹筋の仕組みを学び、効率的に腹筋を鍛えましょう。
併せて、腹筋を鍛えるメリットや実際に使っているオススメのグッズの紹介と使用した感想も紹介します。

スポンサーリンク

第一章:腹筋の仕組み(4つの部位)

腹筋を効果的に鍛えるためには、事前に腹筋のメカニズム(仕組み)を理解しましょう。
私達は、お腹周りの筋肉を「腹筋」と総称して呼んでいますが、実は腹筋は、腹直筋腹横筋内腹斜筋外腹斜筋の4つの部位で成り立っていることをご存知ですか?
腹筋を鍛えるとなると、お腹の表面にある腹直筋だけに注目しがちですが、腹直筋だけでなく、4つの部位全てを、バランス良く鍛えるのが最も効果的です

4つの部位について、それぞれ詳しくみていきましょう。

(1)腹直筋

腹直筋は、恥骨から肋骨の胃があるところまで、お腹の表面を全体的に覆っている筋肉です。
小学校で、背中を地面につけて仰向けになり、両膝を直角に曲げて、上半身を起こすというメジャーな腹筋運動(シットアップ)を習ったことはありませんか?
シットアップをした時に負荷が最もかかるのが腹直筋で、上体を丸める動作に必要な筋肉です。

(2)腹横筋

インナーマッスルとも呼ばれている腹横筋は、腹筋の中で最も内側にあり、腹直筋や腹斜筋(お腹の横にある筋肉)を補助する役割があります。

お腹を凹ませる動作に必要な筋肉で、腹横筋を鍛えることで、腹圧が高まり、正しい呼吸法をできるようになります。
運動中に正しく呼吸することで、代謝が上がりやすくなるので、日頃から鍛えておくと、ダイエットに効果的です。

(3)腹斜筋(外腹斜筋と内腹斜筋)

お腹の横にある外腹斜筋と内腹斜筋。
外腹斜筋は、脇腹の最も外側にある筋肉で、骨盤から肋骨にかけて走っています。

また、内腹斜筋は外腹斜筋の内側にあり、全て外腹斜筋に覆われています。
腹斜筋は、上体を前後左右に倒したり、身体をひねったりする動作に必要な筋肉です。

また、内臓の位置を整えたり、排便や排尿を補助したり働きがあります。
腹斜筋を鍛えることで、くびれをつくることができます。ウエストを絞りたい方は、腹斜筋肉を積極的に鍛えましょう

第二章:腹筋を鍛えるメリット

腹筋の役割について分かったところで、腹筋を鍛える具体的なメリットをみていきましょう。

(1)代謝が良くなる

筋肉トレーニングをすると、身体は余分な脂肪をエネルギーとして燃焼します。
つまり、腹筋を鍛えると、お腹の脂肪を燃焼し、お腹が引き締まります。

また、筋肉がつくと、基礎代謝が良くなり、運動しなくても消費できるカロリーが上がり、太りにくい体質になります。
基礎代謝は年齢を重ねるにつれて落ちてしまうので、今から腹筋をしっかり鍛えて、基礎代謝を高めておきましょう。

(2)下腹部を凹ませる

よく聞く「ぽっこりお腹」の原因は、腹筋が衰えて、内臓が下がったり、胃下垂になったりするためです。

また、骨と筋肉を使って動かす腕や足は、仕事や家事などで、筋肉を自然と使いますが、骨がないお腹は、意識して動かさないことには、筋肉を使いません

そのため、腹筋を鍛えなければ、お腹周りの脂肪は増えるばかりで、ぽっこりお腹の原因になります。

腹筋を鍛えることで、お腹周りに脂肪がつくのを抑制するのはもちろん、内臓を押し上げて、内臓を正常な位置に戻したり、胃下垂を治したりできます。

また、血行やリンパの流れが促進され、老廃物を排出しやすくなり、むくみを改善できるという効果もあります
「メタボ」という言葉が定着した今、身体の中でもお腹は特に注目されがちです。
お腹を引き締めるだけでも、スリムな印象を与えられますよ。

(3)便秘を解消する

腹筋を鍛えると、内臓の働きだけでなく、腸のせん動運動も活発になり、便秘を解消することができます。
また、便秘の原因の一つは、身体の冷えです。
腹筋を鍛えることで、筋肉が熱を生み出すので、お腹の冷えも解消されますよ。

(4)姿勢が良くなる

最近、よく耳にするようになった「体幹」。
体幹は姿勢やバランスを保つために必要な腹筋で、腹横筋を鍛えると、体幹を安定させることができ、前後左右の歪みが解消され、姿勢を改善できます。
姿勢が良くなると、バストの位置が上がったり、スラッとして見えたり、いいことだらけです。

スポンサーリンク

第三章:腹筋を鍛えるのにオススメの商品
     (口コミや使用した感想を含む)

腹筋のメリットが分かっても、腹筋運動を始め、腹筋運動を続けるのは大変です。
腹筋を効果的に、できるだけに鍛えられるオススメの商品を紹介します。

(1)腹筋ローラー

【腹筋ローラーとは】

腹筋ローラーは、車輪にバーを通した器具で、両手でバーを握って、車輪を転がしながら、上半身を前後に動かすことで、腹筋を鍛えます。
使い方を誤ると、腰に負荷がかかり痛めてしまう恐れがあります。
腹筋ローラーの使い方を理解してから、鍛え始めましょう。

【腹筋ローラーのメリット】

腹筋ローラーはサイズが小さく、軽いので、持ち運びに適していて、いつでも、どこでも使うことができます。
また、腹直筋を中心に、腹斜筋にも効果を期待できますが、バーを握る両手で身体を支えるため、腕の筋肉を鍛えることもできます

【口コミ】

初日にかる~く20回、翌日には腹筋も二の腕もパツパツで期待以上の効果でした。
楽天より
作りはそこまでしっかりはしていませんが、機能は十分発揮してくれます。ひざをついて一日10回しかしていませんが、腹筋は筋肉痛になり効果はあります。
楽天より

(2)スポパッドパワー4

 

【スポパッドパワー4とは】

スポパッドパワー4は、腹筋を鍛えることに特化したEMSマシーンです。
EMSとは、身体に電流を流して筋肉を収縮させる運動法。

パッドをお腹に貼って、電源を入れるだけで、3種類の周波数が自動的に切り替わり、腹直筋、腹横筋、腹斜筋を効率的に、効果的に鍛えることができます

【スポパッドパワー4のメリット】

電池で起動するコードレス式なので、家事をしながら、仕事をしながら、テレビを見ながらなど、好きなことをしながら腹筋を鍛えられます。
忙しい方や運動が苦手な方にオススメです。
本体はわずか63gなので、腹筋ローラー同様、持ち運びに適しています。

また、15段階でパワーを調整できるので、腹筋初心者から上級者まで、満足できる刺激です。

【口コミ】

使ったところの筋肉がぴくぴく動いて、終わったらなんだか温まった感じ。腰や背中に使ったら痛みがかなり楽になりました。
楽天より
使用して5日目ですが、お腹の筋肉痛があり、効果がありそうです。体重は減らないけど、引き締まる感じです。
楽天より
使った感想
スポパッドパワーのようなEMSマシーンは、リラックスした状態で腹筋を楽に鍛えられますが、一方で、電池やジェルパッドの消耗スピードが早く、ランニングコストがかかるデメリットもあります。

EMSマシーンを使う回数を少なくして、腹筋ローラーをメインにして、腹筋を鍛えるのがオススメです。

最後に

身体の中でも、お腹周りの脂肪はなかなか落ちません。
しかし、腹筋がつくと、基礎代謝が高まったり姿勢が良くなったりするなど、身体にいいことがたくさんあります。
腹筋ローラーやスポパッドパワー4などのEMSマシーンを上手に使って、自分にあった方法で、根気強く腹筋を鍛えましょう

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事