「プロの技を、正確に再現」「五感で楽しむ」を謳い文句を発売されたツインバード(CM-D457B)の全自動コーヒーメーカーですが、

このツインバード全自動コーヒーメーカーをおすすめする人やおすすめのポイント、口コミ、スペックをご紹介します。

スポンサーリンク
  

ツインバードの全自動コーヒーメーカーをおすすめする人とおすすめしない人

全自動コーヒーメーカーと一概に言っても、メーカーや機種によって様々です。
価格も違えば機能も違います。

まず、ツインバードの全自動コーヒーメーカーをおすすめする人・おすすめしない人をご紹介します。

ツインバードの全自動コーヒーメーカーをおすすめする人

  • 美味しいコーヒーを飲みたいが、ハンドドリップで入れるのは面倒だ、時間がない人
  • コーヒーの入れ方や味、香りにこだわりのある人で、美味しいコーヒーを飲むためには多少の手間を惜しまない人
  • 自分の味のコーヒーを飲みたい人(コーヒーの入れ方を自分で工夫したい人)
  • コーヒーメーカーでもハンドドリップのように入れる行程や香りも楽しみたい
  • ゆったりとコーヒータイムを楽しみたい人
  • 他のコーヒーメーカーと比べて多少高価でも美味しいコーヒーを飲みたい人

ツインバードの全自動コーヒーメーカーをおすすめしない人

  • シンプルに手軽に全自動コーヒーメーカーで簡単にコーヒーを飲みたい人
  • 挽きたてコーヒーを飲めればよい人
  • 3杯以上のコーヒーを一度に入れたい人
  • 安価な全自動コーヒーメーカーをお探しの人
私の場合
私がこのツインバードとパナソニックのコーヒーメーカーを使い分けています。
仕事が一段落したときやプライベートでのんびりしたときなどにツインバードのコーヒーメーカーを使っています。

私が好きなのは、コーヒーを蒸らしているとき~ドリップしているときです。
蒸らして豆が膨らんでくる様子やそのときの香りはたまりません。

また、コーヒー好きの来客があったときに使っていますが、すこぶる評判が良いです
コーヒー好きの人の中には、わざわざ用事を作ってコーヒーを飲みに来られる方もおられます(笑)

中には、
全自動なのですがじっとコーヒーが出来上がるまでご覧になっておられる方もおられますよ(爆)

ツインバード全自動コーヒーメーカーとは

この「ツインバードCM-D457B」は
日本が誇るコーヒージェンド カフェ・バッハ店主の田口 護氏監修のもと、新潟市燕市に本社を置くツインバード工業(株)が「ツインバードCM-D456B」の後継機として発売されました。

田口 護氏のこだわりのポイント

  • 豆量
  • 粒度
  • 水量
  • 湯温
  • 蒸らし時間
  • ドリッパーリブの高さ

などを徹底的にこだわり、
コーヒーを入れるための、すべての工程を正しい方法で忠実に丁寧に再現された全自動コーヒーメーカーです

また、ミルの刃には新潟県の燕三条のステンレス製刃を使うなど、「MADE IN JAPAN」にこだわって作られたコーヒーメーカーです。
 

ツインバード全自動コーヒーメーカーのおすすめポイント


何と言っても、このツインバード(CM-D457B)は、コーヒーを五感で楽しみながら、自分流の最高の一杯を入れられることです
最初はいろいろと試してみるようになると思いますが、きっと自分流の美味しいコーヒーの入れ方を見つけられると思います

きっと、今まで何気なく飲んできたコーヒーが、特別なコーヒータイムになることだと思います。

では、おすすめのポイントを見ていきましょう。

コーヒー豆の挽き方の調整

豆の粒度は粗挽き中挽き細挽きの3段階で調整できます。

低速臼式フラットミルを採用

低速でコーヒー豆をひくために、コーヒーの香りを飛ばす原因になる摩擦熱の発生を抑えて、豆本来の香りを楽しめます
また、臼式フラットミルで雑味の原因となってしまう微粉の極力出さずに、コーヒー豆を均一な大きさで挽けるため、安定した味わいが楽しめます。

湯温の調整

湯温は田口護氏が推奨する83℃と、煎り具合によってより最適に抽出できる90℃の2段階から選択できます。

一般的に、抽出温度が高いと苦味が強くなり、低いと酸味が強くなる傾向があります。

 
 

これらの設定が、前面のメニューダイアルで直感的に操作でき、設定を変えながら自分好みのコーヒーの味わいを追求できるように作られています。

蒸らし湯量調整機能


カップ数に合わせて3段階(1~3カップ)の蒸らし湯量を調整できます

6方向からのシャワードリップ


6方向から内向きにシャワードリップされることによって、均一にお湯をいきわたらせ限りなくハンドドリップに近い味わいを再現しています。

五感で楽しめる


ドリップシャワーの噴出口とドリッパーの間には約2cmの隙間があります。

このため隙間から、
コーヒードームが蒸らしで膨らんでいく様子や、ドリップの様子が楽しめます。
また、香り立つコーヒーのアロマが部屋中に広がります。

お手入れが簡単


ミルは取り外しができるようになっているので、付属のブラシで簡単にお手入れできます。
また、メンテナンスモードがあり、水タンクなどのクエン酸洗浄も簡単にできます。

部品・消耗品が個別に注文できる

ミル、ドリッパー、サーバー蓋、ガラスサーバー、ミル蓋、計量カップ、お手入れブラシなどの部品や消耗品も個別に注文でき、長く使えるのも嬉しいポイントです。
 

スポンサーリンク

ツインバードCM-D457B 全自動コーヒーメーカーの口コミ

とっても満足しています

ずっと全自動のコーヒーメーカーを探していましたが、決め手に欠けるものばかりでした。
こちらを見つけて、デザイン・機能ともに気に入ったので購入しました。

使ってみて、とっても満足しています。
今までドリップ式のコーヒーメーカーを使っていましたが、残っていた挽いてある豆を使ってみたところ、
同じ豆なのにこちらで入れたコーヒーの方が美味しかったです。

お湯の注ぎ方でこんなにも変わるものかと感動しました

ミルの音は大きいですが、全自動のコーヒーメーカーはどれもこんなものだと思います。

3杯までしか入れなれないので、一度にたくさん淹れたい人には不向きだと思いますが、私は飲む分だけ淹れたいのでこちらも満足です。
そのおかげでコンパクトなのもいいです。

ひとつ不満はありますが、沸騰までの時間が長いなと思います。

へんぐー(30代/女性)
豆の風味が予想以上に出ています

ネットのレビューも少ない中、少し高価でしたが、奮発して購入しました。
見た目はシックでお洒落です。質感も、よくある一万円代のコーヒーメーカーのようなプラスチックがカチャカチャ鳴るおもちゃ感はありません。
非常にしっかりしています。

使い勝手としては、掃除やメンテナンスはとても簡単。手間はかかりません。
気になるコーヒー粉の飛び散りもさほど気にならず。たまに拭くだけ。
豆の焙煎具合などの状態によって飛び散り方が違うかもしれません。
肝心の味ですが、今まで使ってた豆でも風味が格段に良くなってます。コーヒーの味にはこだわるが、ハンドドリップが面倒な方にはおすすめ。
ミルや、サーバーなどの部品が劣化しても個別に発注できるのは有難い。長く使えそうです。

少し気になるのは六つの穴からお湯がシャワー状になるということですが、そのうちの一つの穴が固定してあるネジと近いため、お湯がネジに当たり、シャワーにならない時があります。実用上問題ありませんが・・。

美味しいドリップコーヒーにこだわりたい方にオススメの機種です。

bigblue
買って満足だけど、ネックも

簡単に豆からコーヒーを楽しむことができます。
自分で入れるより手間もなく、美味しいコーヒーを飲むことができて満足しています

コーヒー豆が見え、ドリップする様子も見えるので楽しいのですが、豆の粉が周囲に飛び散るのがネックです。
本体の掃除は普段は不要なレベルなのですが、毎回、豆が飛び散るので台や床の拭き掃除が必要になります。。。
この点が残念なので星4つです。

Amazonより
口コミのまとめ
コーヒーの味やコク、風味には、とても満足されている方が多い反面、2cmの隙間があることによりコーヒーの粉が飛び散ることや出来上がりまでの時間が長いなどの声もありました。

コーヒーの粉が飛び散る場合、2~4カップ用のペーパーフィルターを使えば粉の飛び散りはましになります。

また、でき上がるまで時間がかかることですが、これは、美味しいコーヒーを楽しむために、
低速のミルを使っており、尚且つじっくりとドリップするので、他の全自動コーヒーメーカーの機種より若干時間がかかります。
450lm(3カップ)で約10分位かかります。
コーヒー豆の蒸らしやドリップを見ていると直ぐに時間はたつのですが、美味しいコーヒーを楽しむための時間と思って下さい。

ツインバードCM-D457Bのスペック

   製品寸法    約 幅160 × 奥行335 × 高さ360 mm
   製品質量    約 4.1 kg
   電  源    AC100V 50 - 60 Hz
   消費電力    610 W
   最大容量    450 ml( 3カップ )

ワンポイント
他の多くのコーヒーメーカーと違い、コーヒーを注ぐときにガラスサーバーの上にドリッパーが載った状態になるので注意が必要です。
できれば、ドリッパーを置くお皿のようなものを用意しておくと便利です。

まとめ

ツインバードの全自動コーヒーメーカーを「おすすめする人」「おすすめしない人」やおすすめする理由(ポイント)口コミも併せてご紹介しました。

カフェ・バッハ店主の田口 護氏の監修のもと作り上げられただけあり、かなり完成度の高いコーヒーメーカーだと思います。
価格的には、他の全自動コーヒーメーカーよりは若干高めですが、十分その価格に見合う商品だと思います

コーヒーの味はもちろんもこと、見た目にも楽しませてくれますツインバードの全自動コーヒーメーカーは、友人や知り合いにも自慢できるものです

また、メンテナンスモードが搭載されたり、部品や消耗品を個別に注文できたりして、長く愛用できるコーヒーメーカーです。

同じコーヒー豆でも、今までとは違う美味しいコーヒーを是非お試しください。
コーヒー好きのあなたに自信をもっておすすめできる「ツインバードの全自動コーヒーメーカー」です。

 
 
 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事