「エアコンは苦手だけど部屋がジメジメするのをなんとかしたい」「部屋干しの洗濯物の臭いが気になる」といった方の中には、除湿機の購入をお考えの方も多いのではないでしょうか。

除湿器にもさまざまな方式のものがあります。
そこで今回は最近の主流となりつつある「ハイブリッド除湿機」に注目してその仕組みや、メリット・デメリット、実際に使ってみた人たちの口コミをご紹介したいと思います。

併せて、ハイブリッド除湿器のおすすめランキングもご紹介しますので、記事の内容を参考にしながら、自分に合った除湿機を見つけて、ジメジメとした季節を乗り切りましょう。
 

スポンサーリンク
  
 

ハイブリッド除湿機の仕組み・説明

近年、除湿機の主流となっているのが「ハイブリッド除湿機」です。

ハイブリッド除湿機とは、これまでの2つの主流だったデシカント式コンプレッサー式の両方の長所を併せ持った除湿機のことです。

夏場の気温・湿度が高くなる時期にはコンプレッサー式で気温上昇を防ぎながら高い除湿能力を発揮し、
気温が低くなる冬場もデシカント式で除湿能力の低下を防ぐことができます。
デシカント式…ゼオライトと呼ばれる乾燥剤を使って空気中の水分を取り除く方式

コンプレッサー式…エアコンのようにコンプレッサーを使って熱交換器を冷やし空気中の水分を水滴の変えて取り除く方式

デシカント式とコンプレッサー式の両方のメリットを活かすため、一年中変わらない除湿能力を維持できるのがハイブリッド除湿機の最大の特徴です。
「一年中洗濯物は部屋干し」という方や「水まわりなどの湿気・カビ対策がしたい」という方におすすめの除湿機です。

デシカント方式・コンプレッサー方式・ハイブリッド方式の選び方についてはコチラもご覧ください
 

ハイブリッド除湿機のメリット・デメリット

【ハイブリッド除湿機のメリット】

・一年中変わらない除湿能力
・コンプレッサー式、デシカント式よりも高い除湿能力
・コンプレッサーの排熱を利用するなど、冬場もデシカント式より省エネ

【ハイブリッド除湿機のデメリット】

・2つの機能を持つため本体が大型
・本体が重く、移動が面倒
・本体価格が若干高め(市場価格45,000円~)

 

ハイブリッド除湿機利用者の口コミ紹介

「HYBRIDの名に恥じぬ除湿力。暑くても寒くても除湿。外気が湿度80%以上で風呂場トイレの換気扇を稼働しながら使用しても、14畳程の部屋が60%台中盤まで落ちる。閉め切ればカラカラ。洗濯物には風を直当てすれば3~4時間くらいで乾いている。」

「到着した日がちょうど雨で、なんとなくじめじめしていたのでさっそく使用。これでもかというほどタンクに水がたまりびっくり。室内で洗濯物も干してあったのですがこちらもへんなにおいもつかず満足です。思ったよりも音も静かだし安く購入出来たのでよかったです。」

「デカント式、コンプレッサー式とどう違うのか散々悩みました。デカント式は室温が結構上がるので夏には向いていない…コンプレッサー式はとにかくうるさい!で、ハイブリット式に決定!早速使用してみたのですが、除湿力も高くなかなかイイです。音も【ターボ・強】以外は静かで、寝室等では【音ひかえめ】ボタンもあり扇風機と変わらない音なので蒸し暑い日にエアコン代わりに使用できそう。排水タンクも持ちやすく捨てやすい!」

 

スポンサーリンク

 

おすすめのハイブリッド除湿機ランキング

ハイブリッド除湿機の市場はパナソニックソニックの独壇場となっています。
高い性能や機能性など、若干高めの本体価格を上回る満足度が人気の秘密のようです。
そこで商品ラインナップの中から、特に人気の高いハイブリッド除湿機3機種をランキングでご紹介します。
 

第3位 F-YHRX120

<基本情報>

・除湿面積 木造 50Hz:11畳 60Hz:13畳
      鉄筋 50Hz:23畳 60Hz:25畳
・除湿量 最大12.5L/日
・タンク 約3.2L
・発売日 2018年4月

 

2018年の4月に発売されたばかりの最新モデル

ワイド送風機能で広く干した洗濯物にも対応していて、干した洗濯物も最短約75分で乾きます。
春の花粉が気になる時期には衣類に付着した花粉を抑制する「花粉モード」を使えば、洗いにくい衣類でも気持ちよく着られます。
またパナソニック独自の花粉やアレル物質、ウィルスなどの抑制効果が期待できる「ナノイー」も搭載されています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【あす楽対応】【送料無料】パナソニック PanasonicF-YHRX120 ハ...
価格:67100円(税込、送料無料) (2018/4/11時点)


 

第2位 F-YHPX120-N

<基本情報>

・除湿面積 木造 50Hz:11畳 60Hz:13畳
      鉄筋 50Hz:23畳 60Hz:25畳
・除湿量 最大12.5L/日
・タンク 約3.2L
・発売日 2017年4月

 

2017年4月に発売された型落ちモデルですが、基本性能は2018年に発売されたモデルとほとんど変わらず、価格は型落ちモデルということもあり最新モデルより市場価格で1万円以上安いのが特徴です。

少量の衣類がすぐに乾くと評判の「少量速乾モード」もこのモデルから搭載されています。
「型落ちモデルでも気にならない」という方にはおすすめのコストパフォーマンスに優れたハイブリッド除湿機です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パナソニック F-YHPX120-N シルキーシャンパン
価格:53200円(税込、送料無料) (2018/4/11時点)

 
 

第1位 F-YHRX200-S

 

<基本情報>

・除湿面積 木造 50Hz:19畳 60Hz:21畳
      鉄筋 50Hz:38畳 60Hz:43畳
・除湿量 最大20.0L/日
・タンク 約5.0L
・発売日 2018年4月

2018年4月に発売されたパナソニックのハイブリッド除湿機の中の最上位モデル

除湿面積が大きく、部屋のリビングからキッチンまでこれ1台でしっかり除湿できます。
速乾モードでは約58分で洋服が乾くので、忙しい生活の中でも時短につながります。

また今モデルから「ナノイーX」と呼ばれる新技術が搭載されていて、これまでの「ナノイー」と比べて部屋干し臭の抑制スピードは10倍にアップしています。

部屋干しで2列に詰めて干しても同じスピードで乾く「ツインルーバー」も搭載しているので、「部屋干しだから…」と気にしながら干し方を工夫したりする必要もなくなります。

最上位モデルということでお値段もしますが、「大家族で毎日大量の洋服を部屋干しする」という方や、「部屋干し臭をなんとかしたい」という方には価値のある買い物です


 

まとめ

価格以上の価値があるハイブリッド除湿機

ハイブリッド除湿機はゼオライト式とコンプレッサー式のメリットを合わせた除湿器で、1年中季節を問わず湿度をコントロールできるので、部屋を快適に保つことができます。

「ジメジメとした部屋の空気をなんとかしたい」という方や、「洋服は基本的に部屋干し」という方は、ハイブリッド除湿機の購入を検討してみるのはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
 
 

スポンサーリンク
おすすめの記事