テレビCMや通販でも人気のピントグラス。
純烈が出ているのを見たことがあると思います。

「今までの老眼鏡と全く違う」と言われているピントグラス。

実際に使った人の口コミとメリットやデメリットを、まとめて紹介します。
老眼鏡が不便に感じている人は、ぜひ参考にしてください。
 

ピントグラスとは?

独自開発の累進多焦点レンズを使った全く新しい老眼鏡!

ピントグラスは同心円状に度数が徐々に下がっていく、累進多焦点レンズを採用。
ピントグラス1本で、幅広い老眼視力に対応
ライフスタイルに合わせてレンズの種類を選ばず、広範囲にピントが対応しているので日常生活にピッタリ!

ピントグラスの口コミのまとめ

多焦点老眼鏡のピントグラス。
実際に使った人の口コミをまとめてみました!

良い口コミ
  • 3個の眼鏡を使い分けていたのが、ピントグラス1本で大丈夫になった。
  • かけていても違和感がない。
  • 焦点がズレても、ちゃんと見える。
  • 遠近両用眼鏡よりも、ピントを合わせやすい。
  • 自然とピントが合うので、PC作業がラクになった。
  • 一般的な老眼鏡よりも、視野が広くて良い。
  • つけたり外したりで、イライラしていたのがなくなった。
  • 予備が欲しいくらい良い。
悪い口コミ
  • 慣れるまで時間がかかる。
  • ネジ部分が弱い気がする。
  • 鼻にあたる部分がカチャカチャと音がする。
  • 近視が進んでいると、ピントが合わない。
  • お試しできないから、度数が合わなかった。

基本的には、高評価です。
見えないストレスが軽減できる口コミが多かったです。
 

悪い口コミは、主に4つ。

多かったのが「慣れるまで時間がかかる」です。
ピントグラスは、レンズの中心からやや下部に最も度数の強いレンズで、外側に向かい同心円状に度数がなめらかに減少していく累進設計です。

徐々に円状に度数が変化するので、見たいものに目が自然とピントを合わせにいきます。
今までの目の動きと違うので、体が慣れるまでに少し時間がかかります。

人の体は、新しい環境に慣れていくものです。
だから、約1~2週間ほどは、様子を見ましょう!
 

「ネジが弱い」「鼻の部分が音がする」と、ありました。
眼鏡は、繊細なものです。
丁寧に扱えば問題ありません。
 

他にも「近視が進んでいると、ピントが合わない」とあります。
近視だけではなく、遠視や乱視の方も合いません。

ピントグラスは、あくまでも老眼の方に合う眼鏡です。

老眼以外にも、症状がある人は眼鏡屋さんで作ってもらうのがおすすめです。
ご注意ください。
 

そして「お試しができないから、度数が合わなかった」とありました。
ピントグラスは、ネットや通販で販売しています。

ですが、大型家電量販店でも取扱いしています。
どうしても、不安な方はお近くの取扱店で見てみましょう。

ちなみに、種類は軽度と中度の2種類です。

  • 軽度:+1.75D〜+0.0D
  • 中度:+2.50D〜+0.6D

普段お使いの老眼鏡と比較して決めるのもおすすめです。
 

では、実際の口コミを見ていきましょう。

ピントグラスの良い口コミ

とても便利!

家で新聞を見る用、仕事でパソコンを見る時用など、シチュエーションに応じて3個の老眼鏡を使い分けていたのですが、ピントグラスを使うようになって、この1個でいろんな場面を快適に過ごしています。

60代 男性購入者より

よく見える!

すごくよく見えます。
ケースもしっかりしてて良いケースです。
累進多焦点レンズとはどんな感じか気になっていたのですが、かけていて違和感などはなく、多少、度が変わっていく感じです。
これで針に糸が通せます。

購入者より

テレビのCMを見て、興味を持ち購入しました。

確かに手元からパソコンなど視点を変えても、きちんと焦点があって、文字などはっきり見る事ができますね。
WEB上ではわからなかったけれど、レンズにうっすらと茶色が入っていました。
サイズも私にはピッタリでしたよ。

60代 女性購入者より

大変、助かりました。

よく見えます。
イライラが無くなりそうです。
助かります。

50代 男性購入者より

テレビショッピングで見てほしいと思い、楽天で探して購入しました。
メガネをかけて多少の違和感を感じましたが、だんだん慣れてきて良く見えるようになりました。

50代 女性購入者より

普段は遠近両用メガネを使っていますが、焦点を合わすのが苦手で遠くが見にくかったのに、このメガネは焦点を合わすのも簡単で、個人的には使い心地がいいように思います。

購入者より

遠近両用とはまた別物

もう少し早く、本商品を知っていれば良かったと後悔しました。
あまりのも視力が悪くなり、年に何本も買え替える始末です。
手元に届き早速付けましたがPCやスマホ、新聞も以前と比べ見やすく使い勝手は非常よいと思います。
ただ私は視力が悪くなりすぎたので、2.0ではなく3.0とか3.5がでれば即買いしますね。

50代 男性購入者より

期待していたよりキチンと機能しています。
作りもしっかりしています。
眼の疲労感も今のところありません。
付属していたケースやクロスもしっかりしたものです。
予備用にもう1つ購入するか思案中です。

50代 男性購入者より

めがね系を初めてかけてみました。
なれるまでちょっと時間がかかりそうですが、違和感なく、かけ心地も良いです。
大事に使っていきたいと思います。

60代 男性購入者より

期待通りです!

今まで使っていた老眼鏡とは別物です。
値段は安くありませんが、今後重宝すること間違いありません。

50代 男性購入者より

視界が広く感じる

2週間ほど前に届き、この眼鏡の情報をくれた友人に実物を見せてから職場で使おうと置いていて、今日、やっと職場で使ってみました。
本当によく見えます。
普通のシニアグラスよりも視界が広くていいですね。

ただ、度が進んでいるかもと思って「中度」を購入したけれど、逆に見えすぎるくらいで、先ずは「軽度」から試せばよかったかな?と思っています。
改めて「軽度」を購入するかはちょっと迷い中。
とりあえず、しばらく様子をみて、必要に応じて使用しようかと思います。

50代 女性購入者より

ピントが合う

テレビでこの眼鏡を観て、とても気になって楽天市場で探したところあったので購入しました。
最近老眼になってこの眼鏡をすると、近くの物も見えて遠くもぼやけず着けていられるのが気に入りました。
母にも購入したので、喜んで貰えたらうれしいです。

50代 女性購入者より

こんな商品がほしかった!

書類をみながらPC入力の作業でメガネをかけたり、はずしたりの必要がなくなり、とても落になりました。
ブルーライトカットもなかなか効果的です。

60代 男性購入者より

手元が、楽に見えます

細かい字を見ていてパソコンの画面を見ると、ピントが合わなくてぼやけていたのが、自然とピントが会うので、作業が楽になりました。
軽くてかけていても気になりません。購入して良かったです。

女性購入者より

ピントグラスの悪い口コミ

本品、3つ目の購入です。

この商品は3つ目になります。今回はメガネケースがしっかりした物で、梱包箱も綺麗な箱でした。やはり構造上、軽量な為かフレームネジ部が弱い気がします。取扱いに十分注意すれば良いのかも知れません。

購入者より

確かに手元から視点を変えても、きちんと焦点があって、文字などはっきり見る事ができます。
サイズも私にはピッタリ!
でも、鼻にあたる部分がカチャカチャと音がしてしまうのが気になります。
少しゆるいのかな?
まあ、家で使っている分には問題はないと思います。

60代 女性購入者より

合わなかった

購入しましたが、私はかなり近視が進んでいるのでピントが合いませんでした。
近視、乱視でない人に試してもらう予定です。
広告で、近視、乱視の人には合わないことをもっと強調すべきであると感じました。

60代 男性購入者より

テレビを見て購入してみました。
デザインはいい感じです。
ピンとグラスの感じが思ったよりピントが合わないので、慣れるまで時間がかかりそうな気がします。

50代 男性購入者より

湾曲して見えてみずらい。
かけてると頭がいたくなり、もう使ってません。

50代 女性購入者より

気に入りましたが…

とても軽くデザインも気に入りましたが、私には老眼度数きつく、ピントがすぐ合いませんでした。

テレビでみた時は、外さなくても少し離れている人の顔もピントを合わせる事が、出来る老眼鏡とのことで重宝しそうなので、軽度も購入予定です。
中度は、もう少し先に使おうと思ってます。
お試し出来ない商品は難しい

50代 女性購入者より

ピント合わせが難しい

やはり慣れが必要ですね。
使い込んで慣れるしかありません。

購入者より

スポンサーリンク

ピントグラスのメリットとデメリット

ピントグラスのメリットとデメリットを紹介します。

まずは、メリットから確認していきましょう!

ピントグラスのメリット

ピントグラスの最大のメリットは、多焦点レンズであることです。

円状に度数が変わっていくので、手元にピントを合わせても周囲まで見えます。
外側に向かい同心円状に度数が滑らかに減少していく累進設計とすることで、自然な焦点(ピント)移動も可能になります。

老眼鏡だと、焦点以外がぼやけてしまうので、目が疲れやすくストレスもたまります。
その不便さや疲れを軽減してくれる眼鏡です。

一般的な老眼鏡や縦にレンズが変わる遠近両用眼鏡よりも、より自然に見えやすい眼鏡です。

他にも、
  • 度数が2種類あるので、老眼の進行度合いに応じて合わせられる。(中度:+2.50D〜/軽度:+1.75D〜
  • ブルーライトカット加工だから、PCやスマホ、TVでも疲れにくい。
  • ハードコーティング仕様だから、傷が付きにくい。
  • かけていても負担の少ない軽量
  • オシャレなフレーム

メリットが多いピントグラスです。
 

次は、デメリットを確認していきましょう!

ピントグラスのデメリット

ピントグラスのデメリットは、ピントを合わせるのに慣れるまで時間がかかることです。

遠心上に徐々に度数が変わるレンズのため、自分の目が見える位置を探して観ていきます。
こればかりは、慣れでしかないので1度かけて見えにくくても、かけているうちに目が慣れていきます。

公式サイトでも紹介しているように、約1〜2週間程、疲れを感じない程度にお試しください。
見え方や目の慣れ具合には個人差があるため、さらに期間を要する場合もあります。

せめて、2週間は使いましょう!
 

そして、老眼の方しか使えません!

近視・遠視・乱視の方には、合いません!

公式サイトや正規取扱店にも注意書きがあります。

※乱視や近視矯正の機能はありませんので、目の状態によってはお使いいただけない場合もございます。


ピントグラス正規取扱店 shopモノラル

 

他にも、
  • 度数が合わない。
  • 値段が高い。

という、デメリットがあります。

関連記事

 

ピントグラスのまとめ

ピントグラスの口コミやメリットとデメリットをまとめて紹介しました。

口コミは基本的に高評価です!
ただ万人に合うものではありません。

近視・遠視・乱視の方には合わないので、ご注意ください。

デメリットを理解したうえで、日常生活で不便さを感じている老眼の方は、ぜひピントグラスを試してください。
日常生活の不便やストレスを解消しましょう。

スポンサーリンク


 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事