日向ぼっこのするねこ

冬の寒い時期の猫の快適な温度はどれくらいなのでしょう?
また、温かい所の作り方や留守番させる時の暖房について説明します。

寒い時期に、猫に留守番をさせるのも気を使いますよね。
では、どうしたら良いのでしょうか?

スポンサーリンク
  

猫の快適な室温は何度?

寒い時期の猫の快適な室温は
・20~23℃
・23~25℃

とも言われています。

これは、猫の種類や年齢、個体差によって変わります。

猫にも、「暑がり」「寒がり」がいます。

では、寒い時期室温は何度位に設定してあげればよいのでしょうか?

室内の設定温度は、20~22、23℃で設定してあげてください。
あまり、全体的に室温を上げると、抜け毛やフケの原因になります。

全体的な室温は、少し低い目に設定しておいて
暖かい所を作って上げれば、
猫は自分の体感に合わせて、自由に好きな場所に移動します。

猫は、快適な場所を探す名人ですから!

ここで注意点なのですが、
人がよく足元が冷えると言いますが、猫はこの冷える空間で生活することが多いので
サーキュレーターなどで、室内全体を暖める必要があります。
その辺りが猫は寒がりだと言われる所以かも知れません。

では、どのようにして暖かい場所を作ったら良いのでしょうか?

スポンサーリンク

猫の温かい場所作り

ねこ
一番簡単なのが、猫のベッドを暖かい場所においてあげることです。
窓際などを避け、エアコンなどが直接当たらないところが理想です。

次に、毛布などで温かい場所を作って上げることです。
猫のお気に入りの毛布や、ペット用の毛布でも構いません。
適度に丸めて置いておけば、猫が居心地の良いようにアレンジします。

電気を使わないヌクヌク快適な発熱毛布なんかもありますよ。

ペット用のホットカーペットなどもありますが、「低温火傷」や「乾燥」の問題があるのでお勧めできません

どうしても暖房器具が必要だと思う時は、湯たんぽをお勧めします。
湯たんぽを布や毛布などでくるんで置いておけば、暖かさが長く続きます
お湯を入れるタイプと、電子レンジで温めるタイプがありますがどちらでも構いません。

この湯たんぽをベッドや暖をとる毛布と一緒に置いておけば猫は快適に過ごすことでしょう。

ペット用湯たんぽ こんなのは如何でしょう

猫のお留守番時の暖房

猫にお留守番を頼させるときは

帰りが夕方以降になる時は、エアコンをタイマーで16時位にスイッチが入るようにしておきましょう。
夕方になると一気に室温が下がるので、夕方から暖房を入るようにしておけば大丈夫です。

室内が少し乾燥しますが、安全性を考えるとエアコンが良いと思います。
エアコンを22,23℃位でエアコンをかけ、湯たんぽや毛布で暖かい場所を作っておいてあげましょう。

ペット保険 資料請求

まとめ

如何でしたでしょうか?

猫は寒がりだと言われていますが、決してそういう訳ではありません。
暖かいところとそうでないところを作って上げて、自由に行き来できるようにしましょう。

猫も人と同じで、室温の急激な変化には苦手です。
また、湿度の管理も大切になります。

出来るだけ室内を一定の温度で保てるようにしてあげましょう。
湿度は50~60%に維持できるよう心がけましょう。

猫は、人の10分の1位の大きさなので、ちょっとした変化にも敏感です。
このことを、頭に置いて接してあげましょう。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
こちらも参考にしてください。
猫がストレスを感じている時のサインとその原因、対策ポイント
猫の寿命はいくつ?老化の始まりは?その症状と、そして最期の時の様子
 

個人的に岩合さんところの海ちゃんの大ファンです。
こんなのを見つけましたので載せておきます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ママになったネコの海ちゃん (ポプラ文庫) [ 岩合日出子 ]
価格:712円(税込、送料無料) (2017/10/24時点)

スポンサーリンク
おすすめの記事