サプリメント

現代、私たちの住む世界は「超ストレス社会」と言われ、皆がストレスを抱え生きています。
そういう現代のなかで、自由になる時間もなく、睡眠時間でさえ十分とれない中で仕事や勉強を抱えています。
ストレスの発散もままならない状態です。

そんな生活のだからこそ、サプリメントを上手く使うのも一つの方法です。

ここでは、免疫力をアップさせるサプリメント成分とは
免疫力を高める効果が期待できるサプリメントに含まれる成分をご紹介します。

忙しい人ほど、サプリメントを上手に使って免疫力を高めましょう。

スポンサーリンク
  

免疫力の低下の原因

加齢によるもの

20代がピークで40代には約半分になると言われています。

ストレス

超ストレス社会と言われる現代では、睡眠不足や過労、運動不足、プレッシャーなどの心理的負荷などが、全てストレスの原因となります。
しかも、これらの心理的負荷は長期に渡り負荷がかけ続けられ疲労因子がどんどん蓄積され「慢性的な疲れ」となっています。

生活習慣の乱れ

昔と違い現代の生活は多様化しており、「不規則な食事」「睡眠不足」「運動不足」などは、慢性化しています。
これは社会の構造上の問題もあり、やむを得ないところまで来ています。

などが主な大きな原因と言われています。

免疫力を高めるサプリメント成分

乳酸菌・ビフィズス菌

これらは、皆さんも良くご存じの腸内環境を整える善玉菌です。
免疫細胞の約70%は腸内に存在すると言われます。
乳酸菌やビフィズス菌をサプリメントによって摂ることにより、増やすことで腸内環境が
整い、免疫力も高まります。

フコイダン

昆布やもずくなどの海藻類特有のヌメリに含まれる粘質多糖類で、
傷付いた部分を修復する力があります。
人体に取り入れられた時の働きは、免疫細胞の活性化、抗ウィルス、抗アレルギー作用などがあげられます。

ラクトフェリン

母乳や哺乳動物の乳に多く含まれている糖たんぱく質です。
免疫細胞を活性化するほか腸内の善玉菌を増やして免疫力を高めます。
また、ラクトフェリン自体にも強い抗菌作用があり、ヘリコバクター・ピロリ菌を減少させる働きもあると言われています。

スポンサーリンク

スビルリナ

35億年以上前から存在する微細藻類です。
リンパ球が活性化し、抗酸化作用を持つカロテンや、ビタミンB群、ミネラルを含み、免疫力を高めます。

アルギニン

非必須アミノ酸で加齢とともに減っていきます。
効果としては、疲労回復や免疫力を高める作用があります。

アガリスク

キノコの一種で免疫にかかわる様々な因子を活性化する作用がある。

ビタミンC

強い抗酸化作用があり、再生の助けとなります。

エキナセア

免疫力強化 、抗炎症 、抗菌 、殺菌 、抗ウイルス 、発汗作用 があります。

トランスファーファクター

免疫情報伝達物質の一種で、摂取することにより自然治癒力が高まります。
また、抗菌、抗ウイルス作用がありまっす。

ローヤルゼリー

免疫物質の分泌を高めます。免疫力のアップの観点から言うと補助的な役割を担います。

プロポリス

免疫力のアップや調整、疲労回復に効果があると言われています。
また、フラボノイドには抗酸化作用があり、体内の活性酸素を抑制してくれ、自然治癒力を上げてくれます。

ブロリコ

最近、発見されたものでブロッコリーに含まれる稀少成分で上にある成分の何十倍も含まれていると言われています。

このように、免疫力を高める成分も色々たくさんありますので成分をよく確認の上選ぶようにしましょう。

まとめ

現代の「超ストレス社会」で、「不規則な食生活」「睡眠不足」「運動不足」が良くないと言われていますが、
そんなことは分かっていても、どうしようもできない現実の中で生活をしています。

そんなあなたに、すこしでも改善の手助けになればと書いてます。

サプリメントも色々多様化し、安価なものから高価なものまであります。
その中で、成分をよく見て自分にあったものを使ってみてください

今回は、「免疫力のアップ」のサプリ成分に焦点をあてましたが、成分の中にはもっと違う働きをするものもあります。
賢く、サプリメントを使ってください。

最後までお読みいただきありがとうございます。
こちらも参考にしてください。
風邪予防のため免疫力を時間をかけず高める方法、入浴方法やアロマ!
免疫力を高め呼吸法!簡単で自律神経の乱れも整える腹式呼吸

スポンサーリンク
おすすめの記事