炭酸シャンプーは、炭酸の細かい泡が毛穴の汚れや皮脂に吸着し、浮かび上がらせてくれるので、一般的なシャンプーよりも洗浄力が高いといわれています。
毛穴の汚れが落ちると、毛穴が呼吸しやすくなって、薄毛予防や育毛?発毛効果に繋がりそうですよね。

一方、洗浄力が高いと、「パーマやカラーが落ちやすいのでは?」と心配になります。
果たして、その真相はどうなのでしょうか。炭酸シャンプーから得られる効果を紹介します。
 

スポンサーリンク
INDEX
1.炭酸シャンプーの薄毛予防効果
2.炭酸シャンプーの白髪予防効果
3.炭酸シャンプーの頭皮のリフトアップ効果
4.炭酸シャンプーでパーマやカラーのアフターケア
5.最後に

 

1.炭酸シャンプーの薄毛予防効果

抜け毛が多いと、結果的に薄毛になりますが、そもそも、何故毛が抜けるのでしょうか。

抜け毛には2種類あり、毛周期(毛の生え替わりのサイクル)による抜け毛と、そうではない抜け毛に分けられます。毛周期による抜け毛は必要な仕組みだと割り切ることができますが、毛周期以外が原因の抜け毛はできるだけ少なくしたいですよね。

髪の成長に必要な栄養が不足していたり、栄養が届かない頭皮環境になっていたりすると、髪が成長できずに抜け毛になってしまいます。
 

特に、夏は、高い気温で頭皮が蒸れやすく、また、強い紫外線を浴びるため、頭皮環境が最も悪化する季節です。夏に頭皮や髪が受けたダメージは、夏の終わりから秋にかけて、抜け毛として現れてしまいます。

つまり、頭皮や髪のトラブルを防ぎ、頭皮環境を正常に整えることが、抜け毛予防、薄毛予防に繋がるのです。
正常な頭皮環境とは、頭皮が乾燥していない、ベタついてもいない、皮脂が適度にある状態です。
 

洗浄力の高い炭酸シャンプーを使うと、泡が毛穴の汚れや皮脂に吸着し、浮かび上がらせてくれるので、洗い流す際に落としやすくなります。毛穴の詰まりが取れると、栄養を取り込みやすくなります

また、炭酸シャンプーを使うと、頭皮から炭酸が吸収され、炭酸が毛細血管に届きます。
すると、血中の二酸化炭素濃度が高くなり、酸素不足になったと判断した身体が、血液から酸素を取り込もうと、毛細血管を広げ、血流が増加します。
血流が増加すると、血行が促進され、髪の隅々まで栄養が行き渡ります。
また、細胞が活発に働くことで、新陳代謝が活性化されます。

このような頭皮環境の改善や血行促進、新陳代謝の活性化は、薄毛予防に繋がります。

2.炭酸シャンプーの白髪予防効果

白髪が何故生えるか、ご存知ですか?

髪は、頭皮の毛母細胞の新陳代謝によって伸びるのですが、栄養不足になると新陳代謝が悪くなり、髪が弱くなって、白髪が生えてしまうのです。血液が酸素と栄養を全身に届けていますが、頭皮は心臓から遠く、また、重力がかかるため、血流が悪くなりやすく、栄養不足になりやすいです。

白髪を予防するためには、新陳代謝の活性化、血行促進が必要です。

「薄毛予防」の項目で先述したとおり、炭酸シャンプーには、新陳代謝の活性化、血行促進の効果があります。
つまり、炭酸シャンプーを使うことは、白髪予防に繋がるのです。
 

スポンサーリンク

 

3.炭酸シャンプーの頭皮のリフトアップ効果

年齢を重ねるにつれて、顔のたるみやシワが気になりますよね。
実は、髪に隠れて見えないだけで、頭皮もたるむことをご存知でしょうか。

頭皮と顔の皮膚は繋がっています。
頭皮がたるむと、たるんでシワシワになった皮が、重力で顔に落ちてしまい、顔がたるんだり、ほうれい線が濃くなったりするのです
 

また、頭皮がたるむと、頭の筋肉を支えきれなくなってしまいます。
頭の筋肉と表情筋も繋がっているので、表情が暗くなったり口角が下がって、以前よりも笑顔がキラキラしなくなったりします。

炭酸シャンプーを使って、頭皮マッサージをすることで、頭、顔、身体の血流が良くなり、頭皮が張りを取り戻します。頭皮に張りが出ると、顔の皮膚も上に引っ張られて、リフトアップすることができます。

美は一日にしてならず。でも、炭酸シャンプーを長く使えば、頭皮ケアもフェイスケアもできて、一石二鳥です。

4.炭酸シャンプーでパーマやカラーのアフターケア

炭酸シャンプーは洗浄力が高いので、「パーマやカラーが落ちやすいのでは?」と心配している方も多いと思いますが、炭酸シャンプーは、パーマやカラーのアフターケアにピッタリです
 

アルカリ性のパーマ液もカラーリング剤も、弱酸性の髪には強い刺激を与えてしまいますが、炭酸シャンプーは髪と同じ弱酸性のため、パーマやカラーの施術後に、炭酸シャンプーを使うことで、アルカリ性に近づいた髪のphを整えることができます。
phを弱酸性に近づけることで、髪のダメージの進行を防いでくれます

 

パーマ液は、髪の内部に入り込んで、髪を柔らかくして、カールをつけたり、カラーリング剤は、髪の内部に色素を入れて、髪を発色します。

余分な薬がついたままだと、髪のダメージが進行してしまいますが、弱酸性の炭酸シャンプーを使うと、余分な薬を取り除いて、ダメージの進行を防いでくれます

髪のダメージが少なくなることで、次回もパーマやカラーを楽しむことができますよ。

また、パーマをかけた当日は、シャンプーしてもパーマ液のニオイが髪に残りますが、炭酸シャンプーを使うと、髪に残ったアルカリ成分をスッキリ洗い流してくれるので、あの嫌なニオイを軽減できます
 
 
 

【高濃度の炭酸泡と100種類のボタニカル成分配合のおすすめの炭酸シャンプー】(100日間返金保証)



5.最後に

炭酸シャンプーには、薄毛予防、リフトアップ、白髪予防の効果があります。
また、パーマやカラーを長持ちさせ、髪のダメージをおさえてくれるのも、炭酸シャンプーの魅力です。
炭酸シャンプーを使って、アンチエイジングしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。
 
 

スポンサーリンク
おすすめの記事