暑い日が続いて、汗をたくさんかくと、毎日髪を洗っていても、「汚れがちゃんと落ちたかな・・・」と心配になりますよね。
汗によって発生した皮脂は、紫外線を浴びると酸化して、毛穴に詰まってしまいます。

特に頭皮は、紫外線を浴びやすく、また、身体全体の中で、皮脂の分泌量が一番多い場所です。
そのため、夏は、頭皮に皮脂汚れが最もたまりやすい季節なのです。

そこで、シャンプーしてもスッキリし足りない方にオススメなのが、炭酸シャンプーです。

美容室で、「炭酸ヘッドスパ」というメニューを見たことはありませんか?
炭酸シャンプーは、美容室で受けられるような頭皮ケアを、自宅で手軽にできます。
炭酸シャンプーの仕組みや効果、メリット・デメリットを紹介します。

スポンサーリンク

炭酸シャンプーの仕組み

炭酸シャンプーとは、その名のとおり、成分に炭酸を混ぜ込んだシャンプーです。
炭酸には、二酸化炭素が含まれています。

二酸化炭素が体内に取り込まれると、血中の二酸化炭素濃度が高くなり、「酸素が足りない」と判断した身体は、酸素濃度を高めようとして、血管を広げるため、血流が良くなり、血行を促進するのです。

また、炭酸の小さな泡が、頭皮の汚れ、毛穴に詰まった皮脂に吸着して、浮かび上がらせます
シャンプーを洗い流した際に、泡と一緒に、汚れや皮脂が流れるのです。

炭酸シャンプーの効果

先述したとおり、炭酸シャンプーには、血行を促進する、汚れや皮脂を落とす効果があります。
その詳しい効果やその他の効果をみていきましょう。

健康的な髪になる

血行を促進するメカニズムを先述しましたが、血行を促進することで、髪に酸素と栄養が行き届きやすくなり、失われたツヤやコシ、ボリュームがよみがえって、健康的な髪になります。

毛穴に詰まった汚れを落とす

パーマをかけたり、髪を巻いたりする方は、毎回整髪剤を使いますよね。
夏は、髪の日焼け止めスプレーを使う方も多いのではないでしょうか。

整髪剤や日焼け止めスプレーは毛穴に詰まりやすく、毛穴が詰まっていると、皮脂が正常に分泌されなかったり、老廃物の排出が妨げられたりします

また、多くのシャンプーには、髪をコーティングするシリコンが含まれています。
シリコンは、髪をサラサラにしたり、指通りを良くしたりする成分なので、シャンプーには欠かせないのですが、シリコンが毛穴に詰まってしまうと、頭皮が痒くなったり、発毛を悪くしたりするなど、頭皮に問題が生じます。

このような頭皮環境の乱れは、ニオイやフケの原因になります。
夏は汗をたくさんかいて、ただでさえ、ニオイが気になる季節。
身だしなみを整える習慣が原因で、毛穴が詰まるなんて嫌ですよね。
日々蓄積された汚れは、普通のシャンプーでは落とせません。

しかし、

炭酸シャンプーを使えば、炭酸シャンプーに含まれている炭酸の泡が、毛穴に詰まった汚れ、シリコンにくっつき、浮かび上がらせて、洗い流してくれます

髪のphを整えてくれる

小学校で習った、酸性、中性、アルカリ性。
炭酸シャンプーは弱酸性ですが、髪が何性かご存知でしょうか。

実は、髪は弱酸性なのですが、パーマ液やカラー剤は強酸性、または、アルカリ性です。
パーマやカラーを繰り返すと、髪や頭皮のph値が乱れます。

また、一般的なシャンプーも、酸性、または、アルカリ性で、パーマ液やカラー剤ほどではありませんが、毎日使い続けることで、髪や頭皮のph値が徐々に乱れます。
そこで、髪と同じ弱酸性の炭酸シャンプーを使うことで、頭皮の乱れたph値が正常に戻るのです。
 

スポンサーリンク

 

炭酸シャンプーのメリット・デメリット

【メリット】

先述した効果が、一般的なシャンプーにはない、炭酸シャンプーのメリットですが、一番のメリットは、自宅で手軽に、安価にヘアケアできる点ではないでしょうか。
普段使っているシャンプーを炭酸シャンプーに変えるだけでいいので、簡単ですよね。

【デメリット】

・乾燥気味の方は要注意

炭酸シャンプーの高い洗浄力に魅力を感じて、炭酸シャンプーを使おうと考える方が多いと思いますが、一方で、この高い洗浄力がデメリットにもなり得ます。
頭皮環境を正常に保つためには、一定の皮脂が必要ですが、炭酸シャンプーは皮脂をしっかり洗い流します。
皮脂が大量にあると、頭皮がベタついてしまいますが、皮脂が少ないと、頭皮が乾燥して、痒みやふけの原因になります。
また、頭皮が乾燥すると、これ以上の乾燥を防ごうと、皮脂の分泌量が増えて、頭皮がベタつきやすくなります。
そのため、頭皮が乾燥気味の方が炭酸シャンプーを使用する場合は注意が必要です。

・ヘアケアの効果は低い

炭酸シャンプーは、頭皮のケアに重点を置いたシャンプーで、髪に直接栄養を補給できないため、ヘアケアの効果は低いです。ダメージが大きい髪は、ますますパサパサになる可能性があります。髪のダメージが気になる方は、炭酸シャンプーを洗い流した後に、トリートメントでしっかりケアしましょう

・使用量の調整が難しい

一般的なシャンプーは、ポンプをプッシュしてシャンプーを出しますが、炭酸シャンプーは、泡で出てくるタイプがほとんどです。
プッシュ式なら量を調整しやすいですが、泡タイプの場合、適量が分かりづらいですよね。

また、炭酸シャンプーで洗うと気持ちが良くて、ついつい使い過ぎてしまうことも。
試行錯誤して、自分にとっての適量を見極めてくださいね。



まとめ

美容室で炭酸ヘッドスパを受ける場合、美容室によって異なりますが、5000円ほどかかります。
また、30分~1時間ほどかかるため、炭酸ヘッドスパだけのために美容室に通うことをためらう方が多いかもしれません。

炭酸シャンプーなら、自宅で、安価に、自分の好きな時にできます。
夏にたまった汚れ、疲れを、炭酸シャンプーで洗い流しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。
 
 

スポンサーリンク
おすすめの記事