夏と言えばアウトドアを楽しむ人も多いですよね。
しかし、アウトドアを楽しむ環境には蚊がつきものです。
楽しい時間を過ごすためにも、アウトドアでできる蚊対策をしっかりしておきましょう。

そこで今回は、アウトドアに役立つ蚊対策をご紹介いたします!
 

スポンサーリンク
  
 

アウトドアの時に試したい蚊対策

登山やキャンプを楽しむ時は、しっかり蚊対策をしないと大変な目に遭うことになります。
山や川沿いなどは、蚊が発生しやすい環境であるため、普段暮らしている場所では遭遇しないような虫に襲われることがあります。
蚊だけでなく、様々な虫に対して対策をしていきましょう。
 

虫除けスプレー

身体にスプレーするだけで蚊に刺されなくなる虫除けスプレーは、アウトドアに限らず子供と一緒に公園に出かけたり、ガーデニングを楽しむ時にも使いたい虫除けアイテムです。

虫除けは肌が露出している部分にのみスプレーする人も多いですが、蚊は衣服の上からも刺すので衣類の上からもスプレーしておきましょう。

また、日焼け止めを塗った後に虫除けスプレーを使用するようにし、汗を多くかくアウトドアの際は2~3時間おきにスプレーすると、継続して虫除け効果が期待できます。

 

虫除けアプリ

1人1台はスマートフォンを持つようになった現代では、アプリで虫除けすることもできます。

iHateMosquito蚊キラー」というアプリは、5段階の高周波音を備えた虫除けアプリです。

「森」や「浜辺」など5つのシチュエーションが用意されており、
蚊を寄せ付けない効果があると言われています。

…と言っても、アウトドアを楽しむ環境や使用する人によって、
実際に蚊除け効果があるのか分かれるため、あまり過信しないようにしましょう。
 

スポンサーリンク

 

虫除けキャンドル

シトロネラキャンドル」は、シトロネラという昆虫忌避作用のあるオイルを使用したキャンドルで、特に蚊に対しては高い虫除け効果が期待できます。

缶入りのキャンドルなので、使い終わった後の片付けも楽なのが人気の秘密です。

アウトドア以外に、屋外で楽しむ花火にもおすすめです。

 

虫除けウェア

アウトドアで虫除けをする時に重要なのが、肌の露出を減らすことです。
長袖長ズボンは基本中の基本

しかし、蚊は衣類の上からも刺すので油断できません。

そこでおすすめなのが、
アース製薬が開発した防虫剤を生地に固着したウェアフォックスファイヤー」です。

蚊などの害虫がウェアの上にとまっても、防虫剤を感知して逃げて行きます。
洗濯耐久性が高く、洗っても虫除け効果は継続します

 

虫除けテント

アウトドアに欠かせないテントには、一枚布タイプとスクリーンタイプがあります。

スクリーンタイプは外からの虫をシャットアウトしてくれるので、アウトドアは好きだけど虫が苦手な人はスクリーンタイプのテントがおすすめです。

 

まとめ

アウトドアは虫が生息している場所に行くので、万全の対策をしてもどうしても蚊などに刺されてしまいます。

しかし、全く何もしないよりマシですので、出来る限りの対策をしてアウトドアを楽しむようにしましょう。

今回ご紹介したのは、アウトドアを快適に楽しむのに必要な蚊対策方法とグッズです。
蚊に刺される頻度を減らすためにも、アウトドアを楽しむ時は参考にしてみてくださいね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
 
 

スポンサーリンク
おすすめの記事