花粉症で起こる喉(のど)の異変・症状には「かゆみ」「腫れ」「イガイガする」
「熱を持つ」
などが挙げられますが、
こちらでは、花粉症での喉の異変・症状を少しでも軽減させるために、
「4つの原因」や対策、改善方法についてご紹介します。

「どうして喉がこんなに辛いのだろう?」の解決にぜひお役立てくだい。
 

スポンサードリンク
  

花粉症の時期になると、
いえその時期になる前から花粉に対して体が過敏になることもあります。

そして「そろそろ花粉症の症状に苦しめられるな」と察知する方も多いですね。

花粉症のアレルギー反応は、
くしゃみや鼻水、鼻詰まりを代表的なものとして挙げられますが、
実は花粉症でお困りの多くの方が喉の異変に悩まれているのです。

こちらでは、花粉症での喉の異変・症状を少しでも軽減させるために、
原因や対策、改善方法についてご紹介します。

どうして喉がこんなに辛いのだろう?の解決にぜひお役立てくだい。

花粉症でののどの異変の原因4つ

のどの異変とは、

「イガイガする」
「熱を持つ」
「痒み」
「腫れ」

などです。

風邪のような症状にも似ていますが、花粉症が原因です。

その中でも原因を4つに分けることができますので、ご紹介します。

原因を知ることで、対策や改善方法にも結びつきますので参考にしましょう。

1.喉にてアレルギー反応が起きている

花粉症での主な症状に鼻水や鼻詰まりがあると挙げましたが、
これらによって自然と口呼吸をしてしまうようになります。

口呼吸をすることによって、直接花粉をダイレクトにのどを通過させ、
のどでアレルギー反応が起きていることが原因です。

アレルギー反応の出方によっては、痛みや痒みなどを伴い辛い症状となるのです。

2.雑菌やウィルスによるもの

こちらも元を辿ると口呼吸をしていることに起因するのですが、
花粉だけでなく雑菌やウィルスの口腔への侵入を許してしまうことになります。

雑菌やウィルスの鼻への侵入は
粘膜や鼻毛などがある程度侵入を防ぐ役割を果たしてくれますが、
口からとなるとそうはいきません。

口腔、のどにも粘膜はありますが
花粉症でお悩みの時期というのは空気が乾燥していますよね。
それと同じように口腔内も乾燥してしまうために、このようなことが起こってしまいます。

雑菌、風邪やインフルエンザウィルスによって、
のどがイガイガしたり、
風邪などの症状でお馴染みの痛みを発生させるのです。

もちろん、そこから咳が出始めた、発熱が伴ったという時には
花粉症とプラスしてウィルスなどからの炎症を抑える働きを起こしているとも考えられます。

スポンサードリンク

3.粘膜が炎症

先ほど空気の乾燥に触れましたが、
この乾燥がのどの粘膜を壊してしまうことが原因だということがあります。

保護する役割のある粘膜が壊れてしまうと、
のどが炎症してしまい熱を持ったり痛みを感じるようになります。

4.後鼻漏

鼻とのどは繋がっています。

花粉症による鼻水や鼻詰まりが原因となり、後鼻漏という症状を引き起こすことがあります。

後鼻漏とは、普通ならば鼻水は鼻から出るものだと印象をお持ちでしょうが、
鼻水や鼻詰まりによって鼻の中に炎症が起きたり
疾患があるなどの場合にのどに流れてしまうことを言います。

鼻の中が気持ち悪くて鼻をかんでも、のどの方に向かって流れてしまうのです。

鼻水や鼻詰まりの詰まりが取れたものによってのどに異変が起き、
炎症や吐き気に悩まされてしまいます。

花粉症の主な症状である鼻水や鼻詰まりが元だと捉えられる原因ですが、

現れる症状はそれぞれですので、
あなたののどの異変がどのようなものなのかによって原因を探りましょう。

のどの異変への対策と改善方法

花粉症が原因での異変、そのまま放置をするのは辛過ぎます。

花粉の飛散が終了するまで、と考えると気が遠くなってしまいますし、
症状を少しでも軽減させなければ、集中力の低下なども引き起こしてしまいますので、
できることから実践しましょう。

抗アレルギー薬を服用

最近では花粉症の症状が出る前からをおすすめされる抗アレルギー薬の服用をしましょう。

花粉症はアレルギーですから、くしゃみや鼻水、鼻水への効果が期待されていて、
これらの症状を抑えることができれば、のどへの影響を軽減させることができますよね。

副作用も少ないと言われていますので、
勉強中や仕事中に眠くなるようなことも避けられますよ。

もちろん、症状が出てからの服用も大丈夫ですので、
治療という方法を取り入れてみてくださいね。

加湿器の使用

部屋の中に入れば花粉は入ってこないから安心!そんなことはありませんよ。

外出から帰った衣類に付着していたり、
ドアや窓の開け閉めで入ってくることはあります。

花粉症のシーズンはなるべき外出をしないという方も
加湿器をつけて対策、改善方法を行いましょう。

湿度を保つことで、鼻やのどの粘膜を保護することができます。

また、加湿をしていることで空気中の花粉を水分がキャッチし、
地面に落としてくれる働きがありますよ。

帰宅したらまずはたく、お風呂に入る

どうしても外出をしなければならないこともありますね。

マスクやサングラスをして出かけて、
帰宅をしたら玄関を入る前に着ている衣類をはたき、花粉を落としましょう。

そして、すぐにお風呂に入り体についた花粉を洗い流してくださいね。

まとめ

如何でしたでしょうか?

「少しでも軽減させたい!花粉症の原因、対策、改善方法まとめ」についてご紹介しました。

辛い花粉症、のどの異変に悩まされている方は、
原因を探り、対策や改善方法を積極的に行いましょう。
 
少しでも症状を軽減して、素敵な季節の移り変わりを楽しんでくださいね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
 
 

スポンサードリンク
おすすめの記事