引越しをするときに不用品の処分は面倒でたいへんだと感じる人もたくさん居られるでしょう。

今は、不要品の処分方法は大きさや物によって異なり複雑になっています。

そこでこちらでは、引越しで多くの方が面倒だと思っている不要品の処分方法についてご紹介します。

処分する3つの方法から、様々な不要品の種類に分けて詳しく解説いたしますので、ぜひ参考にしてくださいね。
 

スポンサーリンク
  
 

引越しをする際に最も難儀で大変だなと感じるものは、
荷造りや掃除などよりも不要品の処分かも知れません。

一昔前ならば、おおよそどのようなものでも決められた日に
決められた場所に持っていくと処分をすることができていました。

燃えるゴミ、燃えないゴミ、粗大ゴミの日なんてものも今は昔の話です。

不要品の処分方法は、大きさや物によって異なり、
複雑になったように見えます。

そこでこちらでは、引越しで多くの方が難儀だと思っている
不要品の処分方法についてご紹介します。

処分する3つの方法から、
様々な不要品の種類に分けて詳しく解説いたしますので、ぜひ参考にしてくださいね。
 

いらないものが出たらまず考えること

引越しが決まると、引越し先に持っていくものと不要なものとが分けられます。

長年使用していないものや古くなったことなどを理由に買い換える場合もあるでしょう。

そんな時、選択肢が3つあることに気付いていますか?

不要品=処分=捨てるだけではありませんよ。

売る

あなたにとって不要品だけれども、
まだ綺麗で使えるものや捨てるには勿体ないと感じているのなら売る処分方法があります。

リサイクルショップなどに見積もりを出してもらい引き取ってもらったり、
自分でオークションフリーマーケットなどで売るのもありですね。

大きな特徴は不要品がお金を生み出すというもの。

家中の不要品を売った場合に、案外大きな金額になることもありますよ。

ただし、

ネットを使ったオークションやフリーマーケットでは梱包や配送、
やり取りに至るまで自身で行わなければなりませんので、
それなりに手間はかかりますし、
引越しまでに買い手がつくかどうかの保証はありません。

人気のものや高額だったものなどは、ぜひ売りに出す方法を取ってみてくださいね。

スポンサーリンク

 

譲る

友人や家族などに不要品一覧を見てもらい、
欲しい人に譲ることも上手な処分方法の一つです。

ただのゴミにしてしまわずに、
必要な人の手に渡り、もう少しの間大事に使ってもらうことができます。

どうせゴミになったもの、処分をするのにもお金がかかることもありますので、
ただでもらってもらえるなら、どんどん譲っていきましょう。

友人や家族も、あなたの処分品の中からお宝を発見することがあるかもしれませんし、
自分で買うほどではないけれど欲しかったものなら喜んでもらってもらえますよ。

捨てる

最終的には、不要品は引越し前には全て処分し、
新居には持っていかないようにしたいですよね。

捨てにくい、どのように捨てたらいいのか分からないなどの理由で
ずっと持っているようなものあります。

その物たちはきっとこれからも
あなたの家を狭くさせるために居座り続けることになります。

引越しを機に思い切って捨てる決断をしましょう。

さて、捨てるにも様々な方法があり、
大きさや物によっては処分方法に違いが出てきますので、
詳しくみていきましょう。

捨てる場合の処分方法と処分業者

通常のゴミは燃えるゴミとして出していきますが、
家具や家電、本や衣類なども引越しではよく出る不要品です。

これらも処分方法が違う、
または処分方法がいくつかありますので、
あなたの地域や生活にあった処分方法や処分業者を選びましょう。
 

自治体

おおむね30センチを超えるものは粗大ゴミとして扱われます。

自治体では、そんな粗大ゴミを引き取ってもらうサービスがあります。

仕組みや引き取り費用などは自治体によって様々で、
自治体に連絡をし引き取り費用分の粗大ゴミ処理券をコンビニなどで購入し、
指定された日時に玄関前などにおいて引き取ってもらう場合や、
自ら車で持ち込むと3点以内ならば無料などという場合もあります。
 

粗大ゴミを捨てる地域の自治体に問い合わせてみましょう
 

引越し業者

引越し業者は、
物を新居に運ぶだけでなく不要品の引き取りをしてくれるところもあります。

費用は見積もりを出してもらう時に一緒にきいてみましょう

引越し業者に引き取ってもらう際の最大の利点は
引越し当日まで不要品になるものを使用できるということです。

新居では新しい冷蔵庫を調達しようと決めていて、
引越しの1週間前に処分してしまったらちょっと困ってしまいますよね。

ベッドや自転車などもその点、ギリギリまで使えますので便利ですよ。

家電量販店

引越しをする機会に新しい家電に買い換えるという方は大勢いらっしゃいます。

しかし、家電はリサイクル法の施行から、自治体での回収は出来なくなりました。

リサイクル料金と収集運搬料金を払うことで家電量販店に引き取ってもらいましょう

または、

郵便局でリサイクル券を購入し、
指定取引所まで持っていくこともできる場合がありますよ。

廃品回収

地区ごとに行われている廃品回収や、

最近では持ち込むとポイントがつくようなサービスを行なっているところがあります。

紙類、雑誌、新聞紙、本と無料で引き取ってもらうことができますよ。

自転車などの鉄や衣類などを引き取るところもあります。

廃品回収の項目は実は多くあり、
引き取りは基本的には無料なのでまず調べてみてくださいね。

靴屋や衣料品店

今はリサイクルの時代ですから、
お店にはそこで購入していなくても持ち込むと無料、
もしくは金券と引き換えに靴や衣料品を引き取ってくれるところもあります。

大量に持ち込むことも可能で、汚れていても破れていても構わないことがほとんどです。

まとめ

「引越しでの不用品の処分の仕方と処分方法、引越し当日まで使える方法」についてご紹介しました。

引越しは多くのスケジュールをこなす中で様々なことに取り組む必要があります。

その中でも不要品の処分方法に頭を悩ませている方は、

ぜひこちらの内容を参考にして、

新居では必要なものにだけ囲まれた空間での生活をスタートさせてくださいね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
こちらも参考にしてください。
家族での引越しを行うポイントや必要なもの~チェックリストつき
小学生のいる家庭の引越し、小学校の手続きと注意点  
 
 

スポンサーリンク
おすすめの記事