交際前、交際中はバレンタインデーの準備に意気込む女性も多いと思いますが、結婚後もバレンタインデーに向けてしっかり準備している女性はどのぐらいいらっしゃるでしょうか?
バレンタインデーの当日に、普段の食材と一緒にチョコレートを買ったり、すっかり忘れていたり、覚えていても何も買わなかったり・・・。

会社でもらってきたチョコレートを家でお裾分けされて、気まずくなったことがある方もいらっしゃるのでは?(笑)

毎日顔を合わせる結婚後は、バレンタインデーを含めてイベントのプレゼントは適当になりがちです。
家族のために仕事を頑張ってくれている旦那さんに、たまには愛情が伝わるプレゼントを準備してみてはいかがでしょうか?

そこで、結婚後のバレンタインデー事情と30代の夫に喜ばれるプレゼントを紹介します。
 

スポンサーリンク
 
 

第一章:結婚後のバレンタインデー事情

バレンタインデーが近付くと、様々な会社でバレンタインデーに関する調査が行われます。
定番の調査項目は、「夫に渡すバレンタインデーチョコの予算は?」です。

まず、夫にバレンタインデーチョコを渡すか、渡さないかという調査をみてみましょう。

渡すという女性は     78%
渡さないという女性は   22%

という結果になりました。

「渡す」と回答した女性に、予算をきいたところ78%のうち、

1000円から3000円と回答した女性は  24%、
1000円未満と回答した女性は      14%、
3000円以上と回答した女性は      11%
でした。

残りの29%はというと、なんと手作り!

バレンタインデー用のチョコレートを作ったことがある方は分かると思いますが、板チョコ、トッピングの材料、ラッピングの材料などを買うと、市販のバレンタインデーチョコを買うより高くつく場合があるんですよね。そして、料理と片付けという手間もかかります。

それなのに、約3割の女性が手作りするだなんて!
 

手作りする理由は、「料理の腕を褒められるから」という意見もあれば、
娘がチョコレートを作りたがるから」という意見もあります。

交際中とは違う、バレンタインデーの楽しみ方があるんですね。
 

また、「渡さない」と回答した女性の意見には納得できる意見もあります。

結婚や出産を機に仕事を辞めた女性は専業主婦です。
収入がなく、チョコレートを買おうにも夫の給料で買わなければいけない

夫にはこういった事情は言いづらいですが、言われるとご主人も納得すると思います。

バレンタインデーのプレゼントを渡さないからといって、旦那さんへの愛情が薄れているわけではないんですね
 

スポンサーリンク
 

第二章:30代の夫に喜ばれるプレゼント3選

先述した調査結果を見て、ご主人にプレゼントを渡そうという気持ちになった方も多いと思いますが、専業主婦か仕事をしているかによって予算が大きく変わりますよね。

そこで、シーン別に、30代の夫に喜ばれるプレゼントを紹介します

1.少し豪華な夕食

プレゼントではなく、いつもより少し豪華な夕食をつくれば、食費が少し嵩(かさ)むだけなので、専業主婦でも気を遣わなくて済みます

夫婦揃ってお酒が好きなら、お酒に合う食事を用意して、恋人のような、新婚のような気分を味わいましょう

結婚お祝いや引き出物などでもらうペアグラス
食器棚の奥に置きっぱなしにしたり、箱に入ったまま片付けたりしていませんか?
もしペアグラスがあれば、この機会に使いましょう。思い出話に花が咲き、特別なバレンタインデーになること間違いなしです

 

2.子どもと一緒に手作り

市販のお菓子より高くつくかもしれませんが、子どもと一緒にお菓子を手作りすれば、旦那さんは絶対に喜びます。子どもの成長を感じられるし、子どもと奥さんが一緒にお菓子を作る光景を思い浮かべると笑顔がこぼれるのではないでしょうか

バレンタインデーだからといって、チョコレートにこだわる必要はありません。
チョコレートはもちろん、クッキーでも、パンケーキでもいいです

ベースだけ自分で作って、デコレーションを子どもにお願いするのもいいですね。

また、バレンタインデーの他に、誕生日やハロウィン、クリスマスなど、イベントがたくさんあるので、お金をあまりかけないこと、そして何より気持ちを伝えることが大切なポイントです
手作りのお菓子は気持ちが伝わりやすいですよ

3.高級チョコレート

お金を自由に使えるなら、デパートで売っているような高級チョコレートを渡すのもいいですね。
落ち着いたパッケージ、アルコールを使ったチョコレートは30代になった旦那さんだからこそ似合うもの
五粒以上入っているチョコレートなら、一粒味見させてもらいやすいのではないでしょうか?(笑)
 

まとめ

結婚後のバレンタインデー事情、30代の夫に喜ばれるプレゼントを紹介しました。

ある調査では、ご主人にバレンタインデーチョコを渡す女性は78%渡さない女性は22%という結果になりました。そして、渡すと答えた78%のうち、29%がチョコレートを手作りするという衝撃的な結果も
 

また、「渡さない」と回答した女性の意見には、収入がないので、夫の給料でチョコレートを買わなければいけないという納得できる意見もあります。
 

このような方は、バレンタインデーのプレゼントを渡さなくても、旦那さんに愛情が伝わるように工夫しましょう

いつもより少し豪華な夕食をつくれば、食費が少し嵩むだけなので、家計に響きません。
また、子どもと一緒にお菓子を手作りすれば、子どもの成長を感じられて、ご主人は絶対に喜んでくれます。

 

お金をある程度自由に使えるなら、高級チョコレートを渡すのもいいですね。一粒ぐらい、お裾分けさせてもらいましょう。

バレンタインデー、誕生日、ハロウィン、クリスマスと、一年の間にイベントがたくさんありますが、バレンタインデーは一年に一度です。
バレンタインデーをないがしろにせず、素敵なバレンタインデーにしてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。
 
 

スポンサーリンク
おすすめの記事