今春から、一人暮らしを始める大学生にとって、
一ヶ月にどのくらい生活費用がかかるか気になると思います。

今回は大学生活を送っていく上でどの程度の費用がかかるのか、費用ごとにご紹介します。

また、事前にかかる費用の目安がわかっていれば、
アルバイトを週何回やるかなどの予定も事前に決めることができます。

仕送りがある場合でも、多くの大学生はアルバイトをしながら大学生活を送ります。
 

スポンサーリンク

 

高校を卒業してこれから一人暮らしを始めようとしている大学生にとって、
どのくらい大学生活で費用がかかるのか気になると思います。

今回は大学生活を送っていく上でどの程度の費用がかかるのか、
それぞれ費用ごとにみていきたいと思います。

ぜひ参考にして、大学生活の計画を立てましょう!
 

大学生活でかかる5つの費用内訳

大学生活では大きく分けると5つの費用がかかります。

  ・家賃
  ・生活費
  ・大学関係費
  ・通信費
  ・雑費

だいたいこの5つに分けることができるでしょう。
5つの費用についてどの程度お金がかかるのかそれぞれみていきたいと思います。

家賃について

家賃というのは様々な条件によって価格が変わりますが、
価格の主な要素は地価です。都内に近ければ近いほど、高い家賃となります。

平均して考えるとだいたい6万前後の家賃のところに住んでいる大学生が多いです。

しかし、部屋というのは基本的に4年間変わらないものなので、
仕送りなどで少しゆとりのある人は少し高めの家賃の家に住むのがおすすめです。

家賃を節約してしまうと、
大学や駅から遠かったり、部屋が少し狭かったりと住んでみてから、
後悔することもあります。

部屋を決める際には、自分の条件に合う家をしっかりと選びましょう。

スポンサーリンク

 

生活費について

大学生の生活費も人によって様々です。
外食や飲み会などが好きな大学生は食費費が多くかかります。
逆にしっかり自炊をすることで大学生は食費などを抑えることができます。

生活費も食費や光熱費など細分化されるので、
それぞれ大体の費用を紹介します。

それぞれ生活スタイルによって生活費は変わりますが、
目安として以下の情報を参考にしてください。

1ヶ月の生活費

  ・食 費 約30,000円
  ・光熱費  約6,000円
  ・娯楽費 約10,000円
  ・その他 約15,000円
 ――――――――――――――――――――――――   
   合 計 約55,000円

平均的に5万円〜6万円程生活費にかかります。
光熱費は比較的人によって変わることは少ないですが、
食費や娯楽費などは飲み会の参加頻度や自炊の回数などによって変わってきます。

節約したいのであれば、自炊の回数などを増やして節約するのがおすすめです。
 

大学関係費について

大学関係費というのは大学に通うことでかかる費用のことで、
教科書や通学、サークルでの会費などを指します。

1ヶ月の大学関係費

  ・修学費(教科書、実習など)約5,000円
  ・課外活動費(サークル、部活など)約5,000円
  ・通学費 約2.000円
 ―――――――――――――――――――――――― 
   合 計 約12,000円

大学関係費は約1万円〜2万円ほどかかる場合が多いでしょう。
何か特別な設備や道具を必要とするサークルや部活などに所属した場合は
もっと課外活動費がかかる場合もあります。

大学の近くに住めば、通学費はかかることはありません。
しかし、大学が都内にある場合は少し離れた家賃の安いところに住む場合が多いので、
通学費がかかる場合があるでしょう。
部屋を決める時にこの通学費を見落としてしまいがちなので、
しっかりと通学費と家賃を比較して、住む場所を決めましょう
 

通信費について

家にインターネット回線を引く場合、通信費がかかります。
家にインターネット回線を引く選択肢の他にも
モバイルルーターを購入する選択肢もあります。

1ヶ月の通信費

  ・固定回線 約3,000~5,000円
  ・モバイルルーター 約4,000円

固定回線とモバイルルーターを比較した場合、そこまで値段の差はありません。
固定回線の場合、通信が安定していますが、外でwifiを使えません。
モバイルルーターは持ち歩きが可能ですが、通信が不安定です。

それぞれメリット・デメリットがあるので、自分の生活に合った選択肢を取りましょう
 

雑費について

雑費とはお菓子や飲み物、
シャンプーなどの消耗品
タバコなどの嗜好品にかかる費用になります。
これも人によって様々ですが、大体2万円前後が平均的です。

気を抜くと雑費でかなりお金を使っている場合があるので、
できるだけ意識して節約するようにしましょう。

 

まとめ

上記の費用が全てかかると想定した場合、
約15~16万円ほどの費用がかかることになります。
家賃を除いて約10万円の生活費が必要となります。

仕送りがない場合はこの約15万円の費用を学校に通いながら、
アルバイトで稼がなければなりません。

仕送りがある場合でも、全て仕送りで払ってくれるご家庭は少ないと思うので、
ほとんどの学生はアルバイトをすることになるでしょう。

上記の費用は節約できるポイントもたくさんあるので、
一人暮らしを始める人はできるだけ浪費をしないで、お金を節約しましょう!

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
こちらも参考にしてください。
一人暮らしの大学生におすすめしたいバイト。学生生活を充実しよう!
一人暮らしを始める大学生の部屋選びのポイントと探す時期
 
 

スポンサーリンク
おすすめの記事