猫の鳴き声ってかわいいですよね。
「猫なで声」との言葉があるように、
その愛らしい鳴き声につい顔がニヤけてしまうという人も多いのではないでしょうか。

今回は、猫との意思疎通が取れるようになる!?猫の鳴き声に込められたサインをご紹介いたします!
 

スポンサーリンク
  
 

様々な猫の鳴き声と隠されたサイン

その愛らしい鳴き声で私たち人間を虜にして離さない猫の鳴き声ですが、
猫を飼った経験のある方は、状況によって猫の鳴き声が異なるのに気付いていると思います。

とある研究によると、
猫の鳴き声は16種類も存在しており、
猫同士での会話はもちろん、
人間に対して「こうしてほしい」「あそんでよ!」という要求をする時にも
使い分けられていると言います。

この鳴き声の変化に私たち人間が気付くことで、
愛らしい猫とより意思疎通が取れるようになり、猫との暮らしがもっと楽しくなります。

それでは、代表的な猫の鳴き声と隠されたサインをご紹介いたします。

短く「ニャッ」と鳴く

これは人間で言うところの、相手への呼びかけです。

人間が使う「よぉ!」や「調子どう?」などの短い挨拶として、
猫は短く「ニャ」と鳴きます。

しかし、

強い口調で「ニャッ!」と言っている時は、
「やめてくれ!」と言っていることがあるので、
鳴き声の強弱を聞き逃さないようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

「ニャオーン」「オーン」など、訴えるような鳴き声

猫らしく「ニャオーン」や「オーン」と、
何か人間に対して訴えるように鳴く時は、私たち人間に何か要求している時です。

エサが欲しい時や、飼い主にかまってほしい時、
隣の部屋に行きたいけどドアが開かないなど、
何かをしたいけどできない時などです。

個体差はありますが、人間の目を見て鳴いたり、
人間をチラチラ見て意識しながら鳴くこともあるので、
猫の要求になるべく気付いてあげましょう。

 

長く甘えるように「ニャーン」と鳴く

「ニャーン」と長く鳴きながら、頭をすりつけてきたり、
床にお腹を見せるようにゴロンと寝転がった時は、人間に甘えている時です。

単に甘えている時や、構ってほしい時、何かをしてほしいなどのおねだりのニュアンスもあります。

体を撫でてあげたり、ブラッシングをしてコミュニケーションをとりましょう。
 

鳥などを見て「ケケケッ」「カカカッ」と鳴く

クラッキングと呼ばれる鳴き方で、
窓の外に飛んでいる虫や鳥を獲物と思い、思うように獲物が取れないストレスや、
獲物に対する自分の気持ちを落ち着かせる、
獲物に対して警戒しているなど、様々な意味があります。
 

ペット保険 資料請求

 

まとめ

今では犬よりも飼育頭数が多くなった猫。

猫との生活で、鳴き声のバリエーションが多いと気付いた人も多いのではないでしょうか。

猫の鳴き声に秘められたサインに気付くことで、
猫が何を望んでいるのか簡単に気付くことができます。

これからの猫との生活で、ご紹介した鳴き声のサインを参考に、
猫の鳴き声をよく聞いて違いを聞き分けられるようにしましょう!
 
最後までお読みいただきましてありがとうございました。
 
 

スポンサーリンク
おすすめの記事