成人式で人気ランキング2位の「黒の振袖」ですが、
せっかく黒の振袖を着るのだったら、
「大人の雰囲気」を演出して、友達に差をつけましょう。

大人の雰囲気を演出するには、髪やメイク、ネイルはどうにしたら良いのか
そんな疑問にお答えします。

スポンサーリンク
  

髪型、髪色や髪飾りで差をつけよう

 
振袖姿でしっかりつくりこんでおきたいのが、
一番人の目につきやすい髪型です。
 

黒い振袖を着て大人の雰囲気に仕上げたいときも、
念入りにヘアセットのイメージを練っておきましょう
 

大人っぽく仕上げるには
髪色や髪飾りはあまりゴテゴテしていないものがおすすめです。
 

黒を基調にモノトーンやダークな色調で統一感を出すと、振袖との相性も良くなります。
 

ただし着物が黒いぶん、ヘアメイクを大人しくしすぎてしまうと、
華やかなお祝いの場では地味なので気を付けましょう。
 

髪色は黒でも良いのですが、
流行りのグレージュなど赤みを引いたトーンの低いカラーだとよりオシャレになります。
 

髪飾りはシャープな印象のシンプルなものを最小限選び、
洗練された小物使いを心掛けます。
 

ヘアセットの全体的な仕上がりとしては、
動きやボリュームを重視するよりも
ツヤ感やまとまりを意識し、大人の余裕を感じさせることが大切です。
 

ツヤ感やまとまりのある髪には、
キラっと光るようなメタルチックな輝きが似合います

 

スポンサーリンク

メイクで差をつけよう

大人の雰囲気を出すメイクは、ベースから始まります。

黒い振袖では肌の色味がより強調されるので、
肌のアラが見えないようなベースづくりは重要です。
 

成人式に出るような年齢では、
まだテカリが気になったり顔のあちこちにニキビができてしまうことでしょう。
 

大人っぽくみせるには、セミマットの陶器のような肌がおすすめです。
 

テカリを抑える化粧下地を丁寧に仕込み、
ツヤ肌とマット肌の中間にあるような良いバランスに仕上げます。
 

またニキビなどのトラブルはコンシーラーでしっかりカバーしましょう。
 

チークは主張しすぎると子どもっぽくなるので、
ベージュやコーラルなどの肌馴染みのよいカラーでほんのり血色感を足す程度にします。
 

逆にアイブロウは丁寧に輪郭をとり、
特に眉尻をキリっとエッジを効かせると大人っぽさが出ます。
 

ポイントメイクでは、黒い振袖に映えるようにレッド系のリップを選びましょう。
 

はっきりとしたレッドリップに不安がある場合は、
リップを塗った後に唇の輪郭を指で軽くぼかすと印象が和らぎます。
 

ネイルで差をつけよう

黒い振袖を着て大人の雰囲気に仕上げたいときのネイルは、
髪型と同様にツヤ感を重視すると良いでしょう。
 

ビジューやスパンコールなどでデコレーションするよりも、
少ない色数でシンプルに美しいツヤを魅せるように意識します。
 

黒い振袖にはたいていのカラーと相性が良いものですが、
 

大人っぽく、そして成人式の華やかな場にも相応しいようにするには、
赤などのくっきり主張するカラーが良いでしょう。
 

例えばメイクのポイントにレッドリップを置いた場合は、
レッド系にすると全体的なコーディネートにまとまりができます。
 

またあえてゴールドやシルバーなどメタリックなカラーにすると、華やかな印象です。
 

爪の全体にメタリックなカラーを入れなくても、
モチーフやラインに用いることでアクセントになるでしょう。
 

普段からあまりネイルをせず、爪をゴテゴテ飾りたくないという方は、
自爪の透明ベースにフレンチなどで少しメタリックカラーを足すと
地味すぎずに仕上がります。

まとめ

如何でしたでしょうか?

人生に一回の「成人式」です。

黒の振袖で、「大人の雰囲気」を目一杯演出して出かけましょう。
 
 
全体的には、

落ち着いた感じの中に、シャープな躍動感を取り入れ

メタリックカラーを上手に使うことで華やかさを演出しましょう。

そして、落ち着き、姿勢を正し、堂々とした態度でいましょう。

最後に、写メを撮られるポーズも考えておきましょうね。

 
最後までお読みいただきましてありがとうございました

スポンサーリンク
おすすめの記事