最近の暖房器具は様々な商品が販売されており、どれを選べば良いのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

なるべく部屋の空気を汚したくないなら、ff式ファンヒーターがおすすめです。

そんな、部屋の空気を汚さず暖房するff式石油ファンヒーターですが、
外置きタイプの給油タンクが主流ですが、給油タンク内蔵タイプがあるのをごぞにですか?
こちらでは、トヨトミとコロナの給油タンク内蔵式のff式石油ファンヒーターの2機種を比較、ご紹介します

給油タンク内蔵式ff式石油ファンヒーターにすると、設置が困難であった2階や寒冷地以外のところでも使用できます。

スポンサーリンク
  

ff式ファンヒーターとは

暖房器具にエアコンを使っている家庭が多いと思いますが、極端に寒い日や寒冷地ではエアコンの暖房機能が使えなくなってしまいます。そこで外気温に左右されない暖房器具として、ff式ファンヒーターがあります。

ガスなどで燃焼させて部屋を暖める暖房器具は、室内の空気を燃焼させることで部屋を暖めますが、排気ガスもそのまま室内に排気されるので定期的な換気が欠かせません。

ff式ファンヒータは「密閉式・強制吸排気式」と言われており、外部の空気を吸いこんで燃焼し、燃焼後の排気ガスを外部に排出するため部屋の空気が汚れないのが最大のメリットです。

ff式ファンヒーターはガスまたは灯油を燃料にして部屋を暖めるため、灯油の場合は室外に専用の灯油タンクを設置する必要がありました。

 

しかし、コロナトヨトミから灯油タンク内臓のff式ファンヒーターが販売されたことで、寒冷地以外でもff式ファンヒーターを使うことができるようになりました

スポンサーリンク

トヨトミとコロナの給油タンク内蔵式ff式ファンヒーターとは

トヨトミとコロナはどちらも大手メーカーですが、どちらのメーカーの商品が優れているのでしょうか?

トヨトミとコロナのそれぞれのメリットとおすすめ商品をご紹介いたします

電気代を気にするならコロナがおすすめ

コロナを選ぶ最大のメリットと言えば電気代の安さです。

家族の生活リズムが違うなどで、長時間ff式ファンヒーターを使い続けるならコロナをおすすめします

燃料の消費はどのメーカーと比べてもだいたい同じなのですが、省エネ力はコロナがダントツトップです。

また、灯油の詰め替え時に手が汚れると嫌ですよね。
コロナのファンヒーターには「汚れま栓タンク」と言って、つまみを引っ張ることで蓋が開く仕組みになっているので、給油口付近を触らなくて良いようになっています。

CORONA FH-WZ5718BY

コロナのff式ファンヒーターを選ぶならCORONA FH-WZ5718BYがおすすめです。
省エネが魅力のコロナならではの快適エコ機能を搭載しており、人の動きを検知して火力を自動で調整し、人が居なくなれば自動で消化します
また、「ぴたっと消臭気流機能で部屋全体をムラなく暖めることができます。
製品の詳細情報はコチラから(コロナ公式サイト)

 

持ち越し灯油を使うならトヨトミがおすすめ

コロナに比べ商品ラインナップが少ないのですが、トヨトミのff式ファンヒーターの最大の魅力は持ち越し灯油が使える点です
高温多湿を避け適切に保管していた1年以内の灯油を使用できるので、余った灯油を捨てなくてすみます。

毎年灯油が余って困るというご家庭には、トヨトミがおすすめです。

LC-SL53H

トヨトミのLC-SL53Hは、燃焼式のファンヒーターの消火時のニオイを最小限に抑える消臭システムを採用し、独特のイヤなニオイを発生させません
また室温だけでなく湿度も管理してくれるので、湿度が高ければ適切な室温に調整してくれます
製品の詳細情報はコチラから(トヨトミ公式サイト)

まとめ

コロナとトヨトミのff式のファンヒーターは灯油タンク内蔵なので、寒冷地以外でも使うことができます。

使い続けることで電気代が気になる方はコロナを毎年灯油が余って困っている方はトヨトミをおすすめします。

今年の冬を乗り切るために暖房器具選びで悩まれている方は、今回ご紹介した商品を参考にしてみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。
 
 

スポンサーリンク
おすすめの記事