小さな子供が居るご家庭では特に暖房器具による事故が多く報告されています。
そのため、安心して使える安全な暖房器具を選ぶ必要があるのです。
そこで今回は、小さな子供がいる家での暖房器具の注意点と、安心して使える安全な暖房器具を3つご紹介いたします。
反対に、小さな子供のいる家では、おすすめしない暖房器具も併せてご紹介します。 

スポンサーリンク
  
 

暖房器具と子供

冬場に欠かせない暖房器具ですが、小さな子供が居るご家庭では暖房器具による子供の怪我が絶えません。

消費者庁は毎年公表している「暖房器具等でのやけど及びけがに気を付けましょう」によると、平成23年から平成27年にかけて299件の暖房器具による6歳以下の子供の事故が報告され、その約6割がストーブやヒーターの事故であったと報告しています。

6歳以下というと子供の好奇心が最も旺盛な時期です。
親の「触ってはいけないよ」という言葉に一度は納得するものの、たまにしか出てこない物珍しい家電を前につい興味や衝動が勝ってしまい触って火傷などの事故が起こります。
実際にあった事例では表皮下の真皮まで及ぶ2度の火傷を負って入院したという報告もありました。
【参考】暖房器具等での子供のやけど及びけがに気を付けましょう/大阪府

このように、国が注意喚起をするほど小さな子供の暖房器具による事故が多いため、子供が居る環境下での暖房器具選びは慎重に行わなければいけません。

では、どの暖房器具が安全で安心して使えるのでしょうか?
  

スポンサーリンク

子供が居る家庭で安心して使える暖房器具3選

以前はエアコンか石油やガスを燃料とするストーブが主流でしたが、最近では様々な暖房器具が販売されているためどれを選べば良いのか悩みますよね。

それぞれのメリットデメリットと共に、安心して使える安全な暖房器具をご紹介いたします
 

1.エアコン

小さな子供が居るご家庭で最も安心して使える暖房器具はエアコンです。
しかしエアコンの暖房器具は空気が乾燥してしまうので、冬場はあまり使いたくありませんよね。

また極端に温まりすぎるなど温度調整が難しいことも多く、こまめに設定を変えるのは正直面倒くさいと感じてしまいます。
 

DAIKINの「うるさら7」は、これらエアコンのデメリットをすべて解消した商品です。
エアコンの暖房機能は乾燥するものですが、「うるさら7」は外気の空気中の水分を取り込むことで室内を加湿しながら部屋を暖めてくれます。
加湿に必要なのは外気の空気中の水分のみなので、給水は一切不要です。

また、床面から室内を暖めるので暖房の風を感じにくく、エアコン特有の温まりすぎるのを防いでくれます。
製品の詳細情報はコチラから(ダイキン公式サイト)

 

2.パネルヒーター

エアコンの次に安全な暖房器具は、薄いパネル式のパネルヒーターです。
熱を出さずに電磁波で温めるので、温まるまでに時間はかかり電気代も高くなります。

パネルヒーター自体から熱は出さないので、子供が触っても火傷しにくく安全に使うことができます
しかし、ずっと触っていると低温火傷をしてしまうのである程度の対策は必要です。
 

パネルヒーターを使いたいけど電気代や温まるまでのスピードが気になるという方におすすめなのが、sirocaの「速暖マイカヒーター」です。
遠赤外線を発し熱伝導性に優れた天然鉱石「マイカ」を使用しているため、最大10畳までの室内を早く暖めることができます

また上部左右から暖かい熱を放射するので、部屋のどこに居ても暖かく快適に過ごすことができます。
小さな子供が居ても安心して使えるチャイルドロック機能転倒時自動停止機能付きです。
詳細情報はコチラから(シロカ公式サイト)

 

3.オイルヒーター

オイルヒーターは放熱板の中に密閉した難熱性のオイルを暖め、電磁波となって熱を伝えることで室内をじんわりと暖める暖房器具です。

暖房能力はエアコンや石油・ガスを燃料としたストーブと比べると正直劣るのですが、熱を発しないので部屋が乾燥しにくく、また風を舞い上げないので部屋の空気を綺麗に保つことができます
 

数あるオイルヒーターの中で安全性が高いと言われているのがデロンギのオイルヒーターです。
デロンギの「ユニカルドオイルヒーター」は、やけどしにくい安全設計モデルなので小さな子供が居るご家庭でも安心して使うことができます。
触ってもやけどしにくい約60℃に表面温度を保ち、子供のイタズラを防ぐチャイルドロック付きです。

表面の汚れだけ拭きとれば、あとのお手入れが不要なのも魅力です。詳細情報はコチラから(デロンギ公式サイト)

 

小さな子供いる家では、おすすめしない暖房器具

小さな子供と大人では暖房器具の選び方が異なります。

これまではおすすめする暖房器具を紹介してきましたが、逆におすすめしない暖房器具はホットカーペットとハロゲンヒーター・遠赤外線ヒーターなどです

ハロゲンヒーターや遠赤外線ヒーターなど、熱を発する部分や本体そのものが高温になる暖房器具は火傷の危険性があるのでおすすめしません。

また、一見安全そうに見えるホットカーペットも低温火傷のリスクがあります。
特にまだ寝ていることが多い赤ちゃんの居るご家庭ではおすすめしません
 

まとめ

小さな子供は大人が予想できないことをしてしまう生き物です。

大人の言うことが理解できるようになる幼児になっても、祖父母宅などで普段目にしない珍しい暖房器具があればつい触ってしまいたくなります。

ご紹介した暖房器具は安全なものばかりですが、100%事故がおこらないわけではありません。
安心して暖房器具を使うためにも、しっかり安全対策をするようにしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。
 
 

スポンサーリンク
おすすめの記事