じめじめした梅雨や汗をかきやすい夏は、スーツの臭いが特に気になる季節ですね。
冬は冬で忘年会や新年会が続き、食事やタバコの臭いがスーツに染みついて気になりますよね。

スーツをクリーニングに出せば臭いは取り除けますが、忙しくてクリーニング店に行く時間がない、スーツを一着しか持っていないから平日にクリーニングに出せない、クリーニング代金を何度も支払いたくないという方もいらっしゃると思います。

そこで、気になるスーツの臭いの原因とスーツの臭いを取る方法を紹介します。

スポンサーリンク

第一章:スーツの臭いの原因

臭いと一言でいっても、

  • 汗の臭い
  • 加齢臭
  • 香水
  • タバコの臭い
  • 食事の臭い
  • など、臭いの種類はさまざまで、原因も異なります。

    多くの方が気になる汗の臭いとタバコや食事の臭いを例に、原因を詳しくみていきましょう。

    1.汗の臭いの原因

    汗の臭いは細菌が原因です。
    汗そのものは実は無臭ですが、汗が生地に染み込むと、繊維の中で細菌が繁殖し、臭いが発生します。

    2.タバコや食事の臭い

    タバコや食事の臭いは粒子が原因です。
    タバコや食事には臭いが含まれていますよね。
    臭いを含んだ粒子が生地に入り込み、繊維に吸着して、スーツから臭いが発生します

    食事の中でも、焼き肉のように油が散りやすい食事は繊維に吸着しやすく、臭いはもちろん、シミなどの汚れの原因にもなります。

    第二章:スーツの臭いを取る方法

     スーツの臭いが気になったら、クリーニングに出すのが一番ですが、クリーニングに出す機会がなかなかない方も多くいらっしゃると思います。

    そこで、自宅で簡単にできるスーツの臭いを取る方法を、臭いの原因別(細菌と粒子)に紹介します。

    1.臭いの原因が細菌である場合

     臭いの原因が細菌なら、除菌効果のある消臭スプレーを使いましょう。

    ここで気を付けていただきたいのは、消臭スプレーと香水や芳香スプレーは全く別物だということです

    香水や芳香スプレーを使っても、スーツの嫌な臭いは消えますが、香りづけをしただけで、細菌を除去しているわけではないので、しばらく経ったら、再び嫌な臭いが発生します。

    スーツの臭いを根本的に解決するためには、臭いの原因である細菌を除去しなければいけないので、除菌効果のある消臭スプレーを使ってください。

    ポイント
    スーツに香りづけしたいなら、消臭スプレーを使って、臭いが消えたことを確認してから、香水や芳香スプレーを使うようにしましょう。

    2.臭いの原因が粒子である場合

    臭いの原因が粒子なら、2ステップで臭いを軽減することができます。

    ステップ1  風を当てる

    スーツの臭いが気になったら、繊維に入り込んだ粒子をできるだけ早く取り除くことが大事です。

    タバコを吸った後や焼き肉屋を出た後に、ジャケットを脱いで勢いよく叩きましょう。
    繊維に入り込んだ粒子が飛びます。

    人前でジャケットを脱ぐことに抵抗がある方は、帰宅したらすぐに、ドライヤーや扇風機で、スーツに風を当ててください

    注意!
    ドライヤーは冷風を使いましょう。温風を使うと、生地を傷めたり、火事を引き起こしたりするおそれがあります。

     

    ステップ2 蒸気を当てる

    風を当てるだけでは、繊維に入り込んだ粒子を完全に取り除くことは難しいです。
    残っている粒子は水分に吸着させて取り除きましょう

    お風呂を沸かして、お風呂場にスーツを吊して湯気を当ててください。お風呂を沸かしている時に、お風呂場の換気扇を止める方が多いと思いますが、粒子が吸着した水分を取り除くために、また、他の物に粒子が付着するのを防ぐために、換気扇を回しましょう

    お風呂場にスーツを吊す場所がなければ、換気扇がある部屋で、霧吹きに水を入れて、スーツにスプレーしてください。

    もし、自宅にスチームアイロンがあるなら、手間はかかりますが、スチームアイロンを使うのが一番おすすめです。

    というのも、粒子を取り除くメカニズムは、先述した、お風呂場でスーツに湯気を当てたり、霧吹きで水をかけたりするのと同じですが、スチームアイロンから出る蒸気は高温なので、臭いの原因となる細菌を殺菌することもできて、一石二鳥だからです。
     
     

    スポンサーリンク

     

    第三章:スーツの臭いを取るおすすめグッズ

     スーツの臭いを取るおすすめグッズを4つ紹介します。

    1.プレミアムスーツリセッター

    これ一本で、スーツにしみついた汗の臭い、加齢臭、タバコの臭い、食事の臭いなどを消臭し、更に香りづけまでできる優れもの。

    香りづけには、女性から人気が高いメンズ香水を使用しているので、押しつけがましさを感じられません。
    朝、昼、夕方と香りの変化を楽しめるのも、香水で香りづけをしているからこそです。

    柿タンニンや茶葉エキス、サトウキビエキスの消臭成分で、スーツの臭いを消しながら、新たにつく嫌な臭いをブロックしてくれるので、嫌な臭いと香水の香りが混ざる心配はありません。

    また、ボトルはシンプルでありながら、高級感のあるデザインで、周囲にバッグの中身を見られても、臭いを気にしていることがばれませんよ。

    プレミアムスーツリセッターの口コミ

    仕事中のタバコの臭いは、とても気にしていました。

    色々な消臭剤を試してきましたが臭いが混ざって変な臭いが漂ったり、消臭剤独特の臭いになってしまったりと悩んでいました。

    届いてすぐにスーツへ試してみたところ、タバコの臭いが一瞬で消えて柑橘系の爽やかな香りがうっすら漂いました。
    香水のように臭いでごまかすような、強い感じではなかったので気に入りました。

    楽天市場より
    香水と違って毎日使うスーツに『消臭剤+フレグランス』としてつけることができるので利便性は高いと思います。

    会社の女性社員からも、『香水で誤魔化してない、さわやかな香りがする男性』として認識されているようで、消臭に加えて、ある意味モテ香水の効果もあるのでオススメします(笑)

    楽天市場より

    2.BOTOCOLLAX BLACK メンズ用スーツリフレッシャー

    スーツにひと噴きするだけで、柿タンニンや銀などの消臭成分が、スーツに浸み込んだ汗やタバコの臭いをすぐに消し、臭いの原因である細菌も除菌してくれます。

    また、消臭すると共に、シワ伸ばし成分が繊維の奥まで入り込んで、スーツの気になるシワを伸ばしてくれます
    香りは爽やかなシトラスジンジャー、優しく香るカシスオリーブ、華やかなベルガモットグリーンの3種類から選べます。
    3本揃えて、その日の気分によって使い分けるのもいいですね。

    3.パナソニック ナノイーX搭載 脱臭ハンガー MS-DH210

    見た目は普通の太めのハンガーですが、ハンガーにスーツをかけるだけで、ナノイーXの力を使って、5時間から7時間かけて、スーツ全体の臭いをしっかり取り除いてくれます。

    電気代が一回あたり1円もかからず経済的なうえに、運転音が静かなので、寝ている間にスーツを脱臭できます。

    使い方はとても簡単で、ハンガーに衣類を掛けて、電源スイッチを押すだけ。しっかり脱臭したい時には、ハンガーに衣類を掛けた後に衣類用カバーを掛けると効果的です。


     

    4.衣類スチーマー SOKUNOBI ソクノビ

    アイロン台を出して、アイロンを温めて、ボタンを押してスチームを出しながら、アイロンを掛ける。仕事から帰ったらすぐに休みたい、朝はゆっくり寝たい方にとって、アイロン掛けは面倒くさい作業ですよね。

    ソクノビはハンガーに衣類を掛けて、アイロンをかけられるのでとても便利です。
    コンセントを差してたった20秒経てば、ボタンを一度押すだけでスチームが出るので、スーツをブラッシングするような感覚でアイロンがけすることができます

    衣類スチーマー SOKUNOBI ソクノビの口コミ

    急ぎの時でも20秒待てばスチーム可能なので時短で助かります。
    一番よかったのは、スイッチを入れるだけでスチームが出続けるところ。

    前使っていたのはボタンを押したときしかスチームが出なかったのですが、これは毎回ボタン押さなくていいので手が痛くならなく、ストレスが減りました

    楽天市場より
    家には小さい子どもがおり、アイロンをかけていると必ずと言っていい程側で走り回ったり、触ろうとしたり危ないので、アイロンを出すのがおっくうで、使うタイミングも限られていました。

    でも、いざ出かけようとシャツやニットをタンスから出すとシワシワで。
    モヤモヤ、ストレスを感じながらも、そのまま着て出かけることが多々ありました。

    この商品ならすぐに使えて、子どもの手の届かないところで使えて安心です。

    楽天市場より

    第四章:スーツに臭いを付けないためのケアと注意点

    スーツの臭いを取る方法を紹介しましたが、そもそもスーツに臭いを付けないのが一番ですよね。スーツに臭いを付けないためのケアと注意点をみていきましょう。

    1.スーツを毎日替える

    毎日同じ靴を履いていると靴が臭くなるように、同じスーツを連続して着ると、スーツに細菌や粒子がたまってしまいます。

    スーツは最低でも2着用意して、スーツを毎日替えましょう。

    2.汗を吸収しやすいインナーを着る

    汗がスーツの生地に染み込んで臭いが発生するなら、汗をワイシャツの生地まで通さないことが大事です。
    ワイシャツの下に着るインナーには、汗を吸収しやすいものを選びましょう。

    汗をかきやすい方は、吸収性と速乾性に優れたインナーを選んでください。

    ポイント
    臭いを抑える防臭効果のあるインナーも販売されています。基本的にインナーは試着できないので、何種類か購入して、一日着てみて、自分にあったインナーをみつけましょう。

    3.外出先ではジャケットを裏返しに掛ける

    焼き肉屋や喫煙者が多い居酒屋など、スーツに臭いが付きやすいことがあらかじめ分かっている場合、脱いだジャケットは裏返しにしてハンガーに掛けましょう
    表に臭いが付きにくくなるので、ジャケットを着ても、臭いが目立ちにくくなります。

    4.ほこりや塵を落とす

    スーツには髪やほこり、見えない塵が付着しています。
    特にほこりや塵は細菌の住み家になり、細菌を増殖させてしまいます。

    帰宅したら、ハンガーにスーツを掛けて、ブラッシングし、ほこりや塵を落としてください。

    時間がないからといって、強くブラッシングすると、スーツの生地を傷め、繊維が広がって、細菌や粒子が入り込みやすくなります。

    生地を傷めないように、適度に力を加えてブラッシングしましょう。

    まとめ

     スーツの臭いの原因、臭いを取る方法を紹介しました。
    スーツの臭いの原因は主に細菌粒子の2つです。

    臭いの原因が細菌なら、除菌効果のある消臭スプレーを使い、臭いの原因が粒子なら風を当てて繊維に入り込んだ粒子を飛ばしたり、蒸気を当てて粒子を水分に吸着させて取り除いたりしましょう。

    スーツに臭いを付けないためには、スーツを毎日替える、ジャケットを裏返しにして掛ける、ほこりや塵を落とすなど、こまめにスーツをケアする他、汗をワイシャツの生地まで通さないように、吸収性や速乾性に優れたインナーを着ることも大事です。

    スーツをクリーニングに出すまでの間は自分で臭いを取り除いて乗り切りましょう!
     
     

    スポンサーリンク

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事