その辛い頭痛、花粉症が原因かも知れません!
一般的に花粉症と言えば、鼻水や目の痒みの方が多いと思いますが、
二次症状として、「頭痛」があります。

二次症状といっても、花粉症による頭痛に苦しんでいる人はたくさんいます。
でもどうして花粉症によって頭痛が引き起こされるのでしょうか。

今回は、花粉症で頭痛が起こる原因と辛い頭痛の対処法をご紹介いたします。
 

スポンサーリンク
  
 

花粉が原因で頭痛が起こる理由

花粉症の代表的な症状は、
目の痒みや鼻水・鼻づまりですが、頭痛を感じる人も多いですよね。

頭痛は、

気候の変化やホルモンバランスの変化などで起こる「偏頭痛」
精神的なストレスや血行が悪くなることで起こる「緊張型頭痛」
男性に多い「群発性頭痛」

が代表的な頭痛の種類ですが、なぜ花粉が原因で頭痛が起こるのでしょうか。

脳の酸欠で頭痛が起こる

花粉症の鼻水や鼻づまりは辛いですよね。
実は、鼻水や鼻づまりなどの鼻炎が長引くことで、鼻の粘膜が腫れあがり、
鼻から吸う酸素が脳に行きわたらず酸欠状態になってしまうことがあります。

また、花粉症の症状が影響して寝不足ストレスがたまることで、
更に脳の酸欠を加速させてしまいます。

脳が酸欠になると、

酸素を得るために血流を増やそうとするため、
血管が神経を圧迫して頭痛が引き起こされます。

副鼻腔炎で頭痛が起こる

花粉症を始め、
アレルギー性の鼻炎で起こる鼻水は透明でサラサラとしているのが特徴ですが、
長く鼻炎症状が続くことで、風邪をひいた時のような黄色くネバネバとした鼻水に変化していきます。

粘度のある鼻水は、副鼻腔内に膿となって蓄積し、
排出できなくなることで激しい頭痛などの症状を引き起こします。

ヒスタミンの影響で頭痛が起こる

花粉に対して体が過剰に反応してしまうことで
ヒスタミン」と呼ばれる物質が大量に放出されます。

このヒスタミンの影響で血管が拡張されて、
神経を圧迫することで頭痛が起こります。

 

スポンサーリンク

花粉症による頭痛の対策

花粉によって目の痒みや鼻水などの不快症状が出ているのに、更に頭痛で苦しむなんて辛いですよね。

一刻も早くなんとかしたいけど、
市販の痛み止めは効かなくなったり、眠くなるから飲みたくないと思っている人も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、市販薬に頼らず頭痛を改善する方法をご紹介いたします。

免疫力を上げる

免疫力は腸内で作られています。
そのため、腸内環境を整えることで免疫力を上げることができます。

免疫力を上げることで、
花粉に対して体が過剰に反応することを避けさせることができるので、
乳酸菌を日々の生活に取り入れ、食事のバランスを見直すようにしましょう。

ストレスを減らす

現代人はストレスが多く、
花粉の季節に限らず憂鬱な気持ちになったり、
些細なことでイライラしてしまう人も多いのではないでしょうか。

実はストレスも花粉症による頭痛を悪化させてしまう原因と言われています。

自律神経を整えることでストレスを緩和することができるので、
ぬるめの湯船に長時間浸るなどして、
自分がリラックスできる時間を確保することで、ストレス解消をするようにしましょう。

辛ければ早めに病院に行く

長引く頭痛や我慢できない頭痛は、
内科や耳鼻咽喉科・アレルギー外来などに早めに相談するようにしましょう。
アレルギーを抑える薬や、辛い頭痛の時に飲む痛み止めなど、
処方薬との相性を見ながら医師が処方してくれます。
 

まとめ

花粉で頭痛が引き起こされるのは、
脳が酸欠状態になっている場合や、
副鼻腔炎やヒスタミンによる影響が原因
です。

花粉症による頭痛を改善するためには、
腸内環境を整えて免疫力を上げることと、
自分がリラックスできる時間を作りストレス解消をするようにしましょう。

長引く頭痛や辛い頭痛は我慢せずに、
内科や耳鼻咽喉科・アレルギー外来などを受診して、
適切な処方薬を処方してもらうことでかなり楽になります。
花粉症による頭痛に苦しんでいる方は、ぜひ参考にしてくださいね
 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
 
 

スポンサーリンク
おすすめの記事