浴衣が着崩れてしまった、浴衣は人に着せてもらったから直し方が分からない…

そんな事態になると、せっかくの浴衣でのお出かけがブルーな気分になってしまいますよね。

着崩れは自分で簡単に直すことができますよ。

こちらでは、浴衣が着崩れた時の簡単な直し方と対処法についてご紹介します。

ササッと対処する方法ですので、いつでもどこでも素敵な浴衣で過ごせるようにしましょう。
 

スポンサードリンク
  
 

最も着崩れ率の高い襟元はおはしょりを引っ張る

襟元の着崩れによって、胸元が開いて下着が見えてしまったり、浴衣がたるんで何ともだらしない格好になってしまうことはよくあることです。
妖艶さを演出したくて襟元を乱れさせる若い女性がいるようですが、それは決して美しい浴衣ではありませんよ。

襟元の着崩れは簡単に直せますので、ぜひ覚えておきましょう。

まずは、

帯の下に出ているおはしょりを下方向にゆっくりと引っ張ります。

おはしょりとは、左側にある衿に繋がっている部分で、これを引っ張ることによって、開いたりたるんだ襟元を正すことができます。

 
ゆっくりと引くのは、強く引っ張ってしまうことで、襟元が余計に広がってしまい補正不可能になってしまうことを防ぐからです。

そして、

左腕の下から中に手を入れられるところがありますね。

そこから手を入れ、今度は右側の衿に繋がっている部分を下方向に引っ張ります。

帯の下の部分を両手で下に引っ張ることで襟元をピンと張らせることで、着崩れを直すことができます。


 

背中の着崩れは一瞬で対処できる

背中部分の着崩れは自分の目で確かめることができませんので、気づきにくいところがありますね。

しかし実は襟元の着崩れをしている時には、必ずと言っても背中も弛んでしまっていますので、襟元を直すついでに綺麗に補正しましょう。
 

背中の着崩れは、歩いたり座ったり立ったりすることで着崩れしやすい部分であることを覚えておきましょうね。
 

背中の着崩れの対処方法は、背中側の帯の下に出ているおはしょりを下方向に引っ張るだけで一瞬で直すことができますよ。


 

スポンサードリンク

 

裾の着崩れは上方向へ

浴衣は所作をきちんとしていなければ、着崩れをし、裾の部分に影響がでることがあります。
 

裾が開いてしまう、前後の長さが違う場合には、大股で歩くことなどが原因で起こるのです。
 

また、浴衣を着付ける際に、帯を巻く前には紐を2本(腰ひも・胸ひも)ほど活用しますが、その紐が緩い場合などには着崩れの原因を作ってしまいます。
 

裾の着崩れを直すには、正しく補正し紐をある程度きつく締めることが大事になります。

着崩れを直しても、またすぐに着崩れをしないように食事をしても苦しくない程度にきつく締めましょう。

と前に、補正をしなければなりませんね。
 

前部分のおはしょりを持ち上げ、緩んだ浴衣の生地を紐の上に引っ張ります。

長さを均等にできたら、おはしょりをおろして再度綺麗に整えます。

着崩れを直す際には、紐が再び緩むことがありますので一度、締め直すことで着崩れを防止することができます。


 

お尻の着崩れにも注意して

お尻の着崩れは、お尻の部分が膨らんでしまったりして見た目的にも残念なシルエットになってしまいます。
 
腰回りの印象も変えてしまいますので、女性としてはお尻の着崩れにもしっかりと注意して、着崩れしているならばすぐに直すようにしましょう
 

後ろのおはしょりの部分をめくり上げ、緩んだ浴衣の生地を上方向に引っ張ります

その際、紐の上に引っ張るようにし、お尻部分の生地を整えましょう

少しずつ整えるようにすれば、おはしょりの中の生地がボコボコになることはありませんので、慌てずに綺麗に整うようにしてくださいね。

基本的にはおはしょりの中に隠れるものですが、お尻の着崩れは他の着崩れ部分よりも難易度が少々高いと言われていますので慎重にしましょう。


 

着崩れに気付いたらどこで直す?

浴衣の着崩れに気付き、その場で直すなんてことははしたなくてできませんよね。

周囲の人の目には、綺麗に着こなしている浴衣だけが目に映るようにしたいものです。
 

着崩れを直す際には、多くの方はトイレの個室などでサッと対処しています。

最近のトイレには、手洗いのところに姿見の鏡がありますので、最終チェックまでできますから、気付いた時にはすぐに直せるように知識だけでも持っているといいですよ
 

まとめ

浴衣が着崩れた時の簡単な直し方と対処方法についてご紹介しました。

浴衣の着付けをどれだけバッチリしても、動けば着崩れしてしまうことは多々あります。

そのような時には慌てないで冷静に着崩れを直す簡単な方法を試してくださいね。

おはしょり、紐を理解していればあなた自身の手で綺麗な浴衣に元通りですよ

楽しい時間を憂鬱な時に変えることなく、素敵な浴衣での一日を過ごしてくださいね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
 
 

スポンサードリンク
おすすめの記事