フリマアプリの代表格の「メルカリ」ですが、

今回は、メルカリに商品を出品するときの価格の付け方や専用出品などと

メルカリのコメント文化と称されるコメント機能について紹介します。
 

スポンサーリンク
  
 

価格の付け方

【メルカリ 価格】

メルカリの価格は300円~9,999,999円の間で決めます。

例えば、100円で価格を設定すると出品できません。
 

また、価格を付けた金額から手数料が10%引かれます
 

価格をつける時は自分がつけた価格から手数料10%を引いて、
送料も引いて考える事が必要になります。

手数料は必ず商品を出品する際に引かれますので、必ず忘れないようにしましょう
 

商品を出品するという事は購入された際に発送しなければいけません。

その際にかかる送料は必ずかかりますので、
送料無料なのか、それとも着払いになるのか、
どのようなサイズで発送するのかを考えてから価格をつける事もオススメします

 

また、発送方法が未定の人もよく見かけると思います。
未定の場合は後で決める事もできるという事です。

もちろん、発送方法は未定でなく、決めていても商品を発送しない限り、
後から発送方法を変更できますのでそこまで神経質になる事はありませんが、

未定にしておいた方がいつでも発送方法を変更するという考えが分かりますので発送方法を決めていない方は未定にしておきましょう。

 

【価格の制限】

送料が関係する制限についてです。

商品を購入されるという事は必ず、商品を発送するのに送料がかかります。

しかし、発送方法によっては価格に制限がある場合があります。

制限がある発送方法として「らくらくメルカリ便」「ゆうゆうメルカリ便」があります。
 

どちらも60サイズ
(らくらくメルカリ便の場合は縦横高さが60cm以内に収まるサイズかつ2kg以内、
ゆうゆうメルカリ便の場合は縦横高さが60cm以内に収まるサイズかつ30kg以内)
で発送する場合、価格を1,000円以上でつけなければいけません。

例え999円であったとしても発送できません。

その場合は、
発送方法をらくらくメルカリ便やゆうゆうメルカリ便以外にして発送しなければいけません。

一度決めた価格は変える事ができません
 

【専用出品】

メルカリでは非公式ですが専用出品というルールがあります。

専用出品とはある商品をほかの人に購入されないように、
商品名や写真に専用出品と書く事です。

その際にほかの人に唯一購入されない方法として、
9,999,999円に価格を設定するという専用出品の方法があります。

価格を9,999,999円にする事でその専用出品を希望した人が、
購入する時に価格を元の価格に戻す事によって
さらにほかの人に購入されにくいという事になります。

 

【ゾロ目】

価格をゾロ目でつけると、手数料がかからなくなる場合があります。

例えば、999円と1,000円を比べると、999円の方は手数料を引くと900円になりますが、1,000円から手数料を引くと900円となってしまいます。

もし、1,000円で出品しようとした際に購入したい人から見れば999円の方が安く見えますよね?

しかし、安く見えるのに手数料が999円の時と1,000円の時どちらでも同じく引かれますので出品者がゾロ目にする気持ちに寄り添っています。
 

スポンサーリンク

 

メルカリ コメント文化

【メルカリ コメント機能とは?】

メルカリでは出品されている商品の最下部にコメントができるようになっています。

その出品されている商品についてのコメントが主ですが、
出品者に色々な問い合わせもできます

しかし、デメリットとしては嫌がらせや誹謗中傷、暴言等をコメントするメルカリの利用者も中にはいます。
そのようなコメントがきた場合には、コメントを削除する事ができますので、
コメントを削除し、メルカリ運営に問い合わせる等して通報しましょう。

なお、コメントを削除できるのはその商品を出品している出品者の人しかできません。

メルカリの運営の人も削除できると思いますが、
出品者以外は基本的にできないようになっています。
 

【メルカリのコメント文化とは?】

メルカリの出品されている商品にはコメントする欄があります。
そのコメント欄を使用しない人はほとんどいないと考えてもいいでしょう。

なぜなら、メルカリはコメント文化だからです。

コメント文化とは、
メルカリ内では必ずと言ってよい程コメントをしてから購入する事が多いです。
何かしらコメントをする事がメルカリでは日常茶飯事、礼儀だともされています

その根源にはメルカリを利用するにあたり匿名で参加する事もできるからです。

お互い、商品を購入するまでは匿名でいれます。
商品を購入すると発送する為に、匿名配送を使わなければ必ず、住所と名前が表示されます。

そのため、購入されるまではほとんど匿名状態で取引や交渉を進める事が一般です。

匿名で取引や交渉を進めるのにはやはり、
相手と会話しなければわからない事がほとんどだと思います

 

【コメント文化の実際のコメントは?】

そんなコメント文化と言われるほどのメルカリですが、
特にコメントしてくるとすれば
値下げ交渉商品についての質問送料や発送日数についてがほとんどです。

しかし、メルカリの規約や迷惑行為、法に触れない限りはコメントする事ができますので、
様々なコメントや取引や交渉があります。
(日常的な会話はあまり好ましくないと考えます。)
 

メルカリで一番多いコメントとされるのが、
値下げ交渉と言っても過言ではないのではないでしょうか?

値下げ交渉ができるというのがフリマアプリの特徴です。
 

しかし、メルカリ内にてオークション形式で取引や交渉を進めるのは規約違反になりますのでご注意を!
 

普通にスーパーに行って値下げ交渉ができない商品でも、
値下げ交渉ができるのがメルカリのメリットでもあります。

中には値下げ交渉不可とあらかじめ、商品説明やプロフィールに書いている人もいますので
そのように記載している方にはあまり値下げ交渉をしない事がマナーだと思います。

しかし、どうしても欲しい商品である場合は個人の判断ではありますが、
ダメ元で交渉するのも一つの交渉のテクニックだと思います。

 

【コメント文化の欠点? コメント逃げ】

メルカリではコメント文化と言われる一方でデメリットとも言われるのが、コメント逃げです。

コメント逃げとは単純にコメントして、
コメントを返されたのにコメントをしない等という、
ネットならではの取引の仕方とも言えます。

これは見ていてあまり気持ちが良いものではありません

さらに、匿名だからといってそのような事をするのも問い詰められた時に何も言えません。
 

メルカリでのコメントはキャッチボールみたいにコミュニケーションする感じですので
くれぐれもフェイストゥフェイスの気持ちで取引をしましょう

 

まとめ

如何でしたでしょうか?

「メルカリの出品時の価格の付け方とメルカリのコメント機能」について紹介しました。

他の人の書き込んだコメントも見られますので、
雰囲気を掴むためにも覗いてみましょう。
売却済の商品も見られますので、参考にしてみましょう。

コメントは、あくまで出品者とのコミュニケーションツールですので、
良識のある対応をしましょう。

この機会に、是非、一度安価なものでも購入してみてください。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
こちらも参考にしてください。
メルカリの始め方や利用方法、登録方法の説明と出品方法
フリマアプリ「メルカリ」の仕組みと、匿名配送の仕組み
 
 

スポンサーリンク
おすすめの記事