シーズンが終わって、石油ファンヒーターを片付ける前に掃除している方も多いと思いますが、
シーズンが到来し本格的に使用する前に、もう一度掃除するのがオススメです。

シーズン前の掃除の仕方を、フィルターや給油タンクなど部品別に紹介します。

スポンサーリンク

石油ファンヒーターを掃除する前の注意点

石油ファンヒーターの掃除をする際には、消火していること、温度が十分に下がっていることを確認して、やけどを防ぎましょう。
また、電源プラグをコンセントから抜いて、感電を防ぐことも大事です。

内部には、灯油の汚れや鋭い部品があるので、手が汚れたり、怪我したりしないように、ゴム手袋や軍手をはめましょう

石油ファンヒーター各部品の掃除方法

(1)石油ファンヒーターのフィルターの掃除の仕方

石油ファンヒーターの背面に、空気の取り入れ口である吸気フィルターがあります。
フィルターに室内の空気を集めて、機内に取り込み、吹き出し口から温風を出します。

冬はセーターなど、毛ぼそが落ちやすい衣服を着ることが多く、また、部屋を締め切っていることが多いので、埃がフィルターに集まりやすくなっています。

石油ファンヒーターのフィルターに、シリコンが詰まっていると、温風が弱くなったり、逆に、ヒーターが過熱して、動かなくなったり、故障したりしてしまいます

まずは、フィルターを掃除機がけし、それでも汚れが落ちない場合は、洗剤を混ぜた水に浸け置きして、汚れを浮かせて、水で洗い流してください。その後、陰干ししたり、ドライヤーを使ったりして、しっかり乾かしましょう

フィルターを濡れたまま取り付けると、カビが発生してしまうかもしれません。

スポンサーリンク

(2)石油ファンヒーターの内部の掃除の仕方

石油ファンヒーターの内部に埃が入っている場合は、前面を開けて掃除をしてください。
前面を開けられない機種であったり、前面を開けることに自信がなかったりするなら、メーカーに連絡をして、内部を掃除してくれるか聞いてみましょう。

(3)石油ファンヒーターのファンの掃除の仕方

フィルターを取ると、ファンが出てきます。
ファンを取ることができそうであれば全体を、取ることができなさそうであれば見えている面だけでも、布巾で拭きましょう。

(4)石油ファンヒーターのカートリッジタンクの掃除の仕方

石油ファンヒーターのカートリッジタンクに、灯油を入れたままにしていると、灯油が変質したり、劣化したりして、不良灯油になってしまいます。シーズンが終わったら、灯油を抜き取って、カートリッジタンクの中を空っぽにしましょう。

空っぽにしたら、タンクの外側、内側を洗って、しっかり乾かしてください

(5)石油ファンヒーターのタンクの受け皿の掃除の仕方

カートリッジタンクの下に、灯油の受け皿があります。
受け皿に油が残っていると、タンクの中を空っぽにした意味がありません。

スポイトを使って、灯油を抜き取り、乾いた布巾などで受け皿を拭き取ります
汚れがある場合は、歯ブラシなどで汚れを取って、洗い流してから、しっかり乾かしましょう。

(6)石油ファンヒーターの吹き出し口の掃除の仕方

石油ファンヒーターの温風の吹き出し口は、埃やゴミがたまりやすいです。
定期的に、吹き出し口を拭き取りましょう。

濡れタオルやウェットティッシュなどで、吹き出し口を拭き取ると、埃が内部に入りません

(7)石油ファンヒーターの前面の掃除の仕方

メーカーによって異なりますが、本体と前面を繫ぐビス(ネジ)を外すと、前面が外れます。
汚れが気にならなければ、雑巾で拭くだけで十分ですが、汚れが酷い場合には、アルカリ性洗剤を使って掃除すると、油汚れを落とすことができます。
もし、丸洗いできるなら、水に浸けるのが手軽ですね。

(8)最後に

シーズンが到来して、本格的に使用するようになるまで、石油ファンヒーター用の収納袋を被せておくと、埃を被ったり、内部に埃が溜まったりしなくて済みます。

まとめ

フィルター、内部、ファン、タンク、受け皿、吹き出し口、前面について、掃除の仕方を紹介しました。

掃除をする際には、やけどや怪我をしないように、くれぐれも注意してください

掃除をし終えたら、石油ファンヒーター用の収納袋を被せて、シーズン到来時に、綺麗で清潔な石油ファンヒーターを使えるようにしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事