庭で家庭菜園を楽しんだり、バルコニーで鉢を使ったガーデニングを楽しんだりする方が増えています。

しかし、家庭菜園やガーデニングで使用する柔らかい土は、野良猫にとって居心地がいい場所です。
いつものように手入れをしようとしたら、野良猫のふんをみつけて不快な想いをしたり、根っこから土を掘り返されて、せっかく育てた植物が台無しになって残念がったりする方も多いのではないでしょうか。

野良猫のふんを処理するのも、不衛生で嫌ですよね。
野良猫が庭や花壇で排便しないように、また、近づかないようにするためには、どうすればいいのでしょうか。

野良猫のふんや尿による影響、ふん尿対策、グッズと注意点、習性を紹介します
 

スポンサーリンク

第一章:野良猫のふんや尿による2つの悪影響は?

猫のふんを花壇で見つけても、「肥料になる」と思って放置している方もいらっしゃるのではないでしょうか。
確かに、ホームセンターなどで牛や鶏のふんを肥料として販売していますよね。
しかし、販売されている肥料は工場などでふんを加工したものであって、猫や犬のふんはそのままでは肥料として使えません

野良猫のふんや尿は肥料になるどころか、植物や私達の身体に、次のような悪影響を及ぼします

1.植物が枯れる

猫は排泄した後に土をかけて、自分の痕跡を消そうとします。

その際に、植物の近くにある土を掘り返されると、植物の根に日光が直接当たり、根から水分を吸い上げることができなくなって枯れてしまいます。

2.感染症を発症する可能性がある

野良猫のふんや尿を放置することで気になるのは衛生面です。

体調を崩した時に動物病院に連れて行くような飼い主に飼われている猫であれば、ふんや尿に病原体が含まれている可能性は低いです。

しかし、体調を崩しても病院に連れて行かない飼い主に飼われている猫や野良猫であれば、ふんや尿に人間に感染する病原体が含まれています

大人は感染しづらいですが、免疫力や抵抗力が低い子どもは感染するおそれがあります

自然の大切さを身をもって経験してもらおうと、庭で子どもと一緒に土いじりをするお母さんもいらっしゃると思います。土いじりをした後は手を洗うように、子どもに言い聞かせても、洗面所に向かうまでの間に手や指を舐めてしまうと、病原体が子どもの身体に取り込まれ、トキソプラズマ症などの感染症を発症するかもしれません。

野良猫に自宅の敷地内でふんをさせない、万が一、ふんを見つけたら、土からできるだけ早く取り除くことが大事なのです

第二章:野良猫のふん尿対策、グッズと注意点

野良猫のふん尿対策としては、侵入している野良猫を追い払うのが手っ取り早いですが、24時間ずっと張り込むことはできませんよね。

そこで、活用したいのが猫よけのアイテムです。
ホームセンターやドラッグストアなどで、猫よけのアイテムがたくさん販売されていますが、全ての商品に効果があるわけではありません。

私が実際に使って、猫よけに効果があったと感じたのは
  1. 木酢液
  2. ハーブ
  3. とげとげマットと竹串
  4. 超音波動物撃退器

順に使い方をみていきましょう。

1.木酢液

猫は決まった場所で排泄します。
道を覚えているのかもしれませんが、猫のふんや尿に含まれる自分の匂いをたどって、決まった場所に何度も戻ってきます。

そのため、まずは、土にしみついた野良猫の匂いを消す必要があります。

木酢液を原液のまま使うとにおいが強いので、10倍程度に希釈して使います。
希釈したものをペットボトルやじょうろに入れて、水やりをするように土に撒いてください。
雨が降ったら匂いが薄まるので、雨が降った翌日には再び撒くようにしましょう

頻繁に撒くことができない場合は、
ペットボトルの側面に穴を空けて、木酢液を入れて、倒れないように設置すれば、においが出続けます。
木酢液は害虫対策にも使われるので、植物に悪影響を与えることはないといわれていますが、心配であれば、植物にかからないように、土だけに慎重に撒いてください。

2.ハーブ

ローズマリーペパーミントなどは香りが強く、猫が嫌がります。
1株200円程度で手に入るので、いくつか購入して植えておきましょう。

成長したハーブは肉や魚に添えて美味しい食事を楽しんだり、小さな花瓶に入れてオシャレなインテリアを楽しんだりすることができます。

3.とげとげマットと竹串

とげとげマットは100円均一で販売されているものでも、ホームセンターで販売されているものでも構いません。

「とげとげマットって効果があるの?」と疑問に思う方も多くいらっしゃると思います。

実際、私がとげとげマットを敷いたところ、マットが軽いため、野良猫にずらされたり、風で飛んでいったりしました。
また、マットについているとげが小さいのか、マットがずれていなくても、排便されたことがあります。

 

しかし、とげとげマットは竹串と組み合わせて使うことで効果が高まります。
とげとげマットを土の上に置いて、マットがずれない、風で飛んでいかないように、竹串を刺していきます
刺す竹串の本数が多ければ多いほど、野良猫がマットの上を歩けなくなるので、効果を高めることができますよ。

野良猫がバルコニーに侵入するのを防ぐ場合は、とげとげマットを細く切って、バルコニーの手すりの上に貼り付けてください。

4.超音波動物撃退器

野良猫が侵入する対策を終えたら、野良猫が庭やバルコニーに近づかないよう、撃退器を設置しましょう。
私のおすすめは、「Aokeou 平成31年進化版猫よけ動物撃退器」です。

動物をセンサーで感知したら、動物が嫌がる音と点滅するライトで、動物を追い払ってくれます
ソーラー式、USB式で充電できるので、日当たりがいい場所に置いたり、USBで充電したりすれば、ずっと使用できます。

実際に使ってみて
私も実際に使用していますが、設置した初日は、私の設置方法が悪かったのか、相変わらず、野良猫に排便されてしまいました。
その後、向きやレベルを調整したところ、翌日からふんをみかけなくなりました。

猫だけでなく、人間も感知するので、音がよく鳴ります。
近所の子どもが「この音、嫌」と言っているのをたまたま耳にしましたが、私の子どもは全然気にならないようです。
音がよく鳴るので「うるさい」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、泥棒が近付きにくくなり、猫よけの他、防犯対策にもなると思っています。

 

Aokeou 平成31年進化版猫よけ動物撃退器の口コミ

口コミ
猫対策に購入しました。
これまで、シートや粒剤など別の方法では効果がなかったり、一時的なものでした。

これは効果があるし、継続性もあります

花壇に毎日ふんをされていましたが、無くなりました。
とりあえずお試しで一つだけ購入しましたが、別の場所用に買い足す予定です。

Amazonより
口コミ
家庭菜園の場所が毎晩、野良猫のトイレにされていて悩んでいましたが、この商品を設置した夜から効果絶大でした

ソーラー対応も嬉しいところです。もっと早くこの商品に出あいたかった!!

Amazonより

(5)注意点

猫は光るものが苦手なことから、水を入れたペットボトルが猫よけに効果的だといわれてきました。
しかし、強い日光が長時間ペットボトルに当たると、ペットボトルが膨張して破裂したり、火事の原因になったりします

効果の有無に関係なく、ペットボトルを使用した猫よけはやめましょう
 
 

スポンサーリンク

第三章:野良猫はなぜ同じ場所でふんをする?猫の習性

野良猫が排便する場所、時間帯には習性(特徴)があります
効率的に猫よけをするためには、野良猫の排便の習性を知ることが必要不可欠です。

1.野良猫が排便する場所

野良猫が自分をじーっと見ていた、猫と目が合ったら、どちらも視線をそらすことなく、しばらく見つめあっていたという経験はありませんか?

猫は慎重な性格で、人をよく観察しています。
しかし、慎重な猫も、私達人間と同じで、リラックスできる場所で排便します。
私達にとって、鍵が付いている個室のトイレは誰にも邪魔されない空間ですよね。野良猫が花壇で排便をしていれば、その野良猫にとってリラックスできる場所が花壇なのです。

人通りが多い、うるさい場所では落ち着かないので、静かな場所をトイレとして選びます

また、先述したように、排泄後は自分の痕跡を消すために土を掘り返して、排泄物に土をかける習性があるので、掘り返しやすい柔らかい土が豊富にある場所を選びます。

(2)野良猫が排便する時間帯

飼い猫であれば、室内で落ち着いて排便できるので、排便する時間帯が決まっていないかもしれませんが、
野良猫はいつ襲われるかドキドキしながら排便しています。

また、野良猫は餌を与えられない限り、自分で獲物を捕まえて食事しなければいけません。
夜に摂った食事が消化されるのは明け方なので、人通りが少ない夜から早朝にかけて排便するといわれています。

実際、私は野良猫が排便しているところをみかけたら追い払おうと考えていましたが、日中に野良猫をみかけることはありませんでした。
また、水やりをしようと、朝花壇を見た時にふんをみかけることが頻繁で、日中に花壇の手入れをしても、ふんをみかけることはありませんでした。

まとめ

野良猫のふんや尿による影響や習性、効果がある猫よけと注意点を紹介しました。
野良猫のふんや尿を放置すると、植物が枯れたり、感染症を発症したりするおそれがあります。

猫よけに効果があったと私が感じたのは、木酢液、ハーブ、とげとげマットと竹串、超音波動物撃退器の5つです。

24時間張り込んで猫を追い払うことはできないので、猫よけのアイテムを活用しましょう

野良猫に悩むことなく、家庭菜園やガーデニングを楽しんでくださいね。
 
 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事