ミョウバン

ミョウバン水の毒性って言われていますが、本当のところ危険性はどうなのか、

また、殺菌、消臭効果などの凄い効果のミョウバン水の作り方を紹介します。
是非、これをお読みになって「ミョウバン水」をお試しください。

スポンサーリンク
  

ミョウバンの危険性は?

ミョウバンは、身近な食品の添加剤として使われており、比較的安全性の高いものと言われています。

しかし、ミョウバンにはアルミニウムが含まれており、アルミニウムは大量に摂れば身体に害があるとされています。
くれぐれも、間違って飲んだりしないようしてくださいね!

参考

厚生労働省では、アルミニウムについて

「人が一生涯摂取し続けても健康への悪影響がないと推定される暫定的な許容量(暫定耐容週間摂取量)として、
体重1kg、一週間当たり、2mgという値を設定しています。」

と、しています。

また、年代別には1~6歳が43%と一番高く、小児の5%の子供が許容量を超えている可能性が高いと出ています。

例えば大人の場合
体重50kgの人なら一週間当たりのアルミニウムの許容量は100mgとなります。
ここで、普段の生活で許容量の40%をとっていると仮定すると、許容量まで、残り60mgとなります。

一般的にミョウバンの中に含まれているアルミニウムの量は約10%と言われています。

今回の場合ですと、ミョウバン10g使用していますのでアルミニウムの量は1g(1000mg)となります。
したがって、約17日分のアルミニウムの許容量が含まれていることになります。

今回、ミョウバンを300ccの水に溶かし、尚且つ、10倍に薄めているので3000ccのミョウバン水が出来上がります。
この3000ccを全て身体にスプレーしたとすると、ミョウバン水の中に約17日分の許容量のアルミニウムが含まれていますので、
したがって、1日180cc以内に摂取を納めたら良いということになります。

結論

誤って飲んだりしない限りは大丈夫です。
子供に使う場合は20倍~30倍に薄めたものを使った方が安全です。

注意!

お風呂にミョウバンを入れる人もいますが、
お風呂ではどれくらい体内に取り込まれるのが不明です。
お風呂にミョウバンを入れる時は十分注意し、異変を感じたら直ぐにやめましょう。

ミョウバン水の作り方

ミョウバン水は、まず、原液を作ってから10倍以上に薄めてから使いますので少量づつ作るようにしましょう。
原液の常温での保存期間は約3年と言われていますが、肌につけたりする場合は1~2週間位で使い切るようにしましょう。

<用意するもの>

・焼きミョウバン
・水
・スプレーボトル
・計量カップ
・計量スプーン

スプレーボトル、計量カップや計量スプーンは持っていなければ百均で手に入ります。

<原液の作り方>

スポンサーリンク
1.ペットボトルはよく洗い、乾かせておきましょう。
2.ミョウバン10gと水300ccをペットボトルに入れてよく振ります。
  水は水道水を使いましょう。水道水には塩素が入っているので保存剤になります。
3.透明になるまで待つ
  ミョウバンは水に溶けにくいので、冷暗所で1日置いて待ちましょう。
  まだ、完全に溶けていない様なら、もう一度よく振ってもう一日待ちましょう。
4.完全に透明になれば完成です。
  底に残っていないか確認してくださいね。

作り方はいたって簡単なのですが、溶けにくく溶けるのにかかる時間が長いのが欠点です。

<使い方>
出来た原液は濃度か濃いのでスプレーボトルで10倍以上に薄めて使います。

完成です!

ミョウバン水の効果

では、「ミョウバン水」どのような効果があるのでしょうか?

ミョウバン水の効果

1.殺菌作用
2.消臭作用
3.制汗作用(汗を抑える作用)
4.収れん作用(組織や血管を縮める作用です。肌を引き締める作用とも言われています)

があると言われています。

よく言われるれるのが、
「制汗作用」「収れん作用」の「わきが、わき汗を抑える効果」ですが、
「殺菌作用」「消臭作用」の効果もが凄く、ほとんどの場所に使えます。

靴や帽子、衣服からクッション、カーテン、布団などほぼ全てのものの「消臭剤」として、使えます。
また、洗濯物の生乾き臭やペットのトイレの消臭、生ごみの消臭にも使えます。

人の身体に関して言えば、粘膜や肌のデリケートなところ以外はほとんど使えます。
頭から首、わき、胸、背中、手、足、指先、足の裏にいたるまで使えます。

除菌・殺菌・消臭効果に優れています。加齢臭にも効果がありますよ(笑)
また、汗を抑える効果も有りますので、梅雨の時期から夏には重宝します。

加えて、あせもやニキビ、水虫にも効果があります。

<その他>
蛇口やキッチンシンクの水垢取りやお風呂の水垢、石鹸カスまで落とします。
また、カビの対策や予防にも効果があり、効果は多岐にわたります。

この凄い殺菌・消臭効果なのですが、注意してもらいたいことが2点あります。

一つ目は、「肌につける場合つける前に、必ずバッチテストをして下さい」
体質的にあわない人やアレルギーが出る人もいます。
二つ目は、「保湿効果は無いので、乾燥することもあります」
必ず、乾燥対策は別にしてください。

値段も安く、この高いポテンシャルをもった「ミョウバン水」を
あなたもこの機会に是非試してみてください!

最後に

効果抜群の「ミョウバン水」を使ってみましょう。

焼きミョウバンは「スーパー」や「薬局」に売っています。
「スーパー」なら、漬物コーナー、調味料コーナー、乾物コーナーなどの置かれています。
価格も、100円~300円位でありますので、是非試してみてください。

また、アロマ精油などを1~3滴入れて使うことも出来ます。

ミョウバン水の原液を作るのに1~2日かかるくらいで、後は手間もかかりません。

殆どのものにも相性が良いので扱いやすい上に効果は絶大なので是非試してください。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事